フォト
無料ブログはココログ

« 真理を知りたいか──ッ! 『史上最強の哲学入門』 飲茶 / 河出文庫 | トップページ | うちの土地 『幸せ戦争』 青木祐子 / 集英社文庫 »

2019/04/18

ご用件は何でしょう? 『セリー』 森泉岳士 / KADOKAWA BEAM COMIX

Photo_4 SFを読む理由を見つけるのが難しい時代になった。
それでも、ときどきこんなふうなヨロコビに満ちた出会いがある。

第一に、中盤までの寂寥感、喪失感がそれはもうたまらない。
この濾過を繰り返したあげくの切なさは、おそらく上質なSFでしか得られないものだ。
作者の特殊な作画技法、朴訥なコマ運びが空気を導いた。

第二に、着眼が憎い。
SFによくある設定、展開(※)に現在の日常アイテムをマージして違和感がない。

ただ、そのアイデアにこだわったためか、114ページ以降のエピローグには余計、酷な言い方をするなら夾雑な印象があった。

この作者は喜怒哀楽を直接描くべきではない、そんなふうにも思われた。


※たとえば筒井百々子「メモリー」(1985年)

« 真理を知りたいか──ッ! 『史上最強の哲学入門』 飲茶 / 河出文庫 | トップページ | うちの土地 『幸せ戦争』 青木祐子 / 集英社文庫 »

コミック(作品)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 真理を知りたいか──ッ! 『史上最強の哲学入門』 飲茶 / 河出文庫 | トップページ | うちの土地 『幸せ戦争』 青木祐子 / 集英社文庫 »