フォト
無料ブログはココログ

« 完結 『BURN 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子(上・下)』 内藤 了 / 角川ホラー文庫 | トップページ | 真理を知りたいか──ッ! 『史上最強の哲学入門』 飲茶 / 河出文庫 »

2019/03/28

モヤっと 『百鬼夜行抄(27)』 今 市子 / 朝日新聞出版

Photo_2 このブログを置いているNiftyの「ココログ」だが、最近、知れないうちに仕様がいろいろ改悪されて困っている。

その1つがPC版でカテゴリー(たとえば「コミック(作品)」)を選んで表示される記事タイトルの上限が100件になってしまったことで、つまりコミック作品を400件以上扱ってきたこのブログでは、『百鬼夜行抄』の新刊を取り上げるにあたって、過去に自分はどんなことを書いたのかな、と探そうにも古い書き込みは探せない、ないし大変な手間をかけないと見つけられない、ということだ。

ちなみに、新刊として今市子の『百鬼夜行抄』を取り上げた記事は以下のとおり。

  『百鬼夜行抄(19)
  『百鬼夜行抄(13)
  『百鬼夜行抄(12)
  『百鬼夜行抄(10)

と、これだけのピックアップ作業がほんとにもう、面倒くさい。なんとかしてください。 > ココログ運営の中のひと

さて、それはともかく『百鬼夜行抄』シリーズも27冊目、このブログで初めて取り上げてからでも16年以上の月日が経った。

にもかかわらず、作者の筆遣い、登場人物のタッチは大きくは変わらない。あやかしのゆらゆら揺れる存在感、場所や時制がとらえづらく、読み流すにはやっかいだが読み返すと味わい深いコマ割りも馴染んだ身に心地よい。

ただ、先日取り上げた『  』もそうだったが、長期化するとどうしても設定や登場人物のインフレは起こるもので、この27巻でも飯嶋家の遠縁の朝倉家とか三崎のおじさんとか言われてもなんだかよくわからない。26巻の終わりにそういう伏線があったっけか。その家系図が把握できないとこの先楽しめないのか。そうでもないのか。26巻読み返すか。いや、それより大好きだったあの話は何巻だったっけか。あれは6巻、あれは12巻。いや、それではなくて。あれでもなくて。

ああもう、道に迷ってしまった。尾黒、尾白が提灯下げて迎えに来てはくれまいか。

« 完結 『BURN 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子(上・下)』 内藤 了 / 角川ホラー文庫 | トップページ | 真理を知りたいか──ッ! 『史上最強の哲学入門』 飲茶 / 河出文庫 »

コミック(作品)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 完結 『BURN 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子(上・下)』 内藤 了 / 角川ホラー文庫 | トップページ | 真理を知りたいか──ッ! 『史上最強の哲学入門』 飲茶 / 河出文庫 »