フォト
無料ブログはココログ

« 〔短評〕 『きょうのカプセル』 黒田硫黄 / 講談社 ワイドKC | トップページ | 〔ネタバレ御免〕 『スマホを落としただけなのに』 志駕 晃 / 宝島社文庫 »

2018/12/02

〔短評〕 『ひらけ駒!return(1)』 南Q太 / 講談社 モーニングKC

Photo_4主人公の少年、宝が奨励会試験を1回だけ受ける、と決意したところで掲載が途絶えていた『ひらけ駒!』の復活。金の駒がさかさに立った! そんな驚き、喜びだ。
ただし、ストーリーは少しさかのぼって、宝が将棋と出会うところから始まる。

当然、宝は最初から将棋に強いわけでも熱中しているわけでもない。ママの奨めるほかの習い事を断れず、ことあれば将棋から離れそうにもなる。読み手としてはその都度、あっいけない、と声をかけたくなる。
おかしな話で、これは南Q太の描いた架空の物語であり、また宝がこのあと将棋の世界にどんどんハマっていくのは既刊の単行本で明らかなのに、それでもはらはらは止まらない。

本作(return)は子育て系のWebサイトで連載されているらしい。
そういえば8巻の最後の回にも、「子育ての極意ってかんじ」というセリフがあった。
確かに子育てってこんな感じだ。詰将棋じゃないのだから、正解なんてない。枝分かれのどこを選ぶか、どちらから選ばれるか。正解は、ない。

« 〔短評〕 『きょうのカプセル』 黒田硫黄 / 講談社 ワイドKC | トップページ | 〔ネタバレ御免〕 『スマホを落としただけなのに』 志駕 晃 / 宝島社文庫 »

コミック(作品)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/67432243

この記事へのトラックバック一覧です: 〔短評〕 『ひらけ駒!return(1)』 南Q太 / 講談社 モーニングKC:

« 〔短評〕 『きょうのカプセル』 黒田硫黄 / 講談社 ワイドKC | トップページ | 〔ネタバレ御免〕 『スマホを落としただけなのに』 志駕 晃 / 宝島社文庫 »