フォト
無料ブログはココログ

« 職責を果たせ 『警視庁文書捜査官』 麻見和史 / 角川文庫 | トップページ | 『牧神の影』 ヘレン・マクロイ、渕上痩平 訳 / ちくま文庫 »

2018/06/25

『春の庭』 柴崎友香 / 文春文庫

Photoときどき、芥川賞受賞作品を読む。順不同。

「これは凄い! この作家は今後追いかけよう!」ということは過去ほとんど起こっていないので、ほかのジャンルの作品に比べてアタリは少ないのだが、なんとなくたまには勉強、という気分で読んでいる。

柴崎友香『春の庭』は第151回芥川賞受賞作。
世田谷の取り壊し間際のアパートに住む人々が、近所に建つ「水色の家」に引かれ、その周りをうろついたり、住人と知り合って上がり込んだり、という話。
よくわからない。

登場人物の多くがその「水色の家」に引っ張られるのだが(昔タレントが住んでいて、そこでのプライベートを撮った写真集が発売されていたという)、なぜその家が人の興味を引くのか、最後まで読んでもよくわからない。作中に描かれた写真集も説明の限りではつまらなそうなのに、登場する人物人物が皆それを知っているという不可思議さ。

読んでいるうちにどこかで読んだような気分になった。そうだ、又吉直樹の『火花』だ。

登場人物の誰もが特定の対象に興味を持つ(『火花』ならお笑いのネタ)が、読み手にはそれがなぜ重要か伝わらない。その魅力を伝えることはさほど重要ではない、らしい。
登場人物どうしの関係は希薄。親しく飲み食いしたりするが、希薄。
男女関係などはテーマにならない。エロもない。
最後は登場人物の突拍子もない行動が描かれて終わるが、いきなりすぎて何を狙ったものか、よくわからない。

『火花』の受賞は第153回。
こういうのが最近の選考委員の好みなのか、としか言いようがない。

ところで、カバーの惹句には「第151回芥川賞に輝く表題作に──」とあるが、「輝く」は今、正しいのだろうか?

« 職責を果たせ 『警視庁文書捜査官』 麻見和史 / 角川文庫 | トップページ | 『牧神の影』 ヘレン・マクロイ、渕上痩平 訳 / ちくま文庫 »

小説・詩・文芸評論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/66869151

この記事へのトラックバック一覧です: 『春の庭』 柴崎友香 / 文春文庫:

« 職責を果たせ 『警視庁文書捜査官』 麻見和史 / 角川文庫 | トップページ | 『牧神の影』 ヘレン・マクロイ、渕上痩平 訳 / ちくま文庫 »