フォト
無料ブログはココログ

« テレビにまつわる雑感 1/2 | トップページ | 『正義のセ ユウズウキカンチンで何が悪い!』 阿川佐和子 / 角川文庫 »

2018/05/16

テレビにまつわる雑感 2/2

★彡

TOKYO MX1という地方局で毎週月曜、律儀に再放送されている「ルパン三世(PART2)」を愉しみに録画している。PART2は宮崎駿らも制作に関係した、人気シリーズだ。
ハードディスクに録画してはブルーレイにぎっちり焼き込み、ここまで1年半かけて今週でようやく第74話。
全体では155話あるのでフィニッシュはまだまだ先だ。
完結までに大きな事件、災害が、とか、ミサイルが、等々で放送が飛んだりしないか心配だ。
飛ばないまでもニュース速報が画面上に乗ると、がっかりする。

もちろん、ニュース速報が大切なものであることはわかっている。
だが、何年がかりで録画を積み重ねたものに、プロ野球の新人が初ヒットを打った、程度のニュースで画面がちらつくのには脱力する。大雨波浪警報も、録画したものには不要ではないか。

テレビ界はなぜデジタル放送にした際に、そういったコメント系の画面と本映像とを2画面に分けなかったのだろう。テキストだけならそれほど情報量がかさばるわけもない。仕組みだって簡単だ。
そうしなかった理由が、もし、画面の上下、左右にのさばる同じ局の番組宣伝を消されないため──だったとしたら、うんざりだ。

★彡

黒いアナログ電話がデジタル化されたとき、電話は「もしもし」のツールから一気にモバイル情報端末にまで走り抜けた。
生まれたときすでに手元にスマホやパッドのあった子供たちは、黒電話と新聞しかなかった時代なんて想像すらできないに違いない。

テレビは、どうか。もちろん、リモコンのボタンで天気予報を表示させたり、クイズに応募したり、といった機能は付加されている……しかし、実はそれらはアナログ電話でもほぼ可能だったことばかり。誰も、ちゃぶ台をひっくり返してはいない。

もちろん、デジタル化によって画質は圧倒的に改善された。しかし、たとえば1950年代から放送された「ロッテ歌のアルバム」と、現在の「ミュージックステーション」の間に、どれほどの違いがあるというのか。

★彡

結局、少なくとも日本のテレビは、1950年代に地上波放送が開始されて以来、現在にいたるまで、とくに団塊の世代を対象に普及はしてきたものの、ある日静かに沈没していく、たとえるなら一時期ビジネスマンや女子高生に広く愛用されながらあっという間に消えていったポケベルのように、ただ一過性の花火なのかもしれない。
なにしろ、これほど手間暇、金をつぎ込んでこしらえ、これほど視聴者を引き付けながら、何かを後に残そうという意欲にまったく欠ける不思議なメディアなので。

« テレビにまつわる雑感 1/2 | トップページ | 『正義のセ ユウズウキカンチンで何が悪い!』 阿川佐和子 / 角川文庫 »

テレビ・新聞・雑誌・出版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/66724541

この記事へのトラックバック一覧です: テレビにまつわる雑感 2/2:

« テレビにまつわる雑感 1/2 | トップページ | 『正義のセ ユウズウキカンチンで何が悪い!』 阿川佐和子 / 角川文庫 »