フォト
無料ブログはココログ

« 〔短評〕 『こぐまのケーキ屋さん』 カメントツ / 小学館 ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル | トップページ | 『ふるぎぬや紋様帳<三>』 波津彬子 / 小学館 フラワーコミックススペシャル »

2018/03/17

相転移する 『二匹目の金魚』 panpanya / 白泉社

Photo足摺り水族館』など、寡作ながら特異性では異彩を放つpanpanyaの新刊。

作者の作風は有り体に言えば「幻想的」、である。
ただ、世間一般の「幻想的」作品の多くでは、確か、と思われた日常がだんだんあやふや、曖昧になってしまう、化学でいうところの「融解」、「昇華」、すなわち

  固体 → 液体

  固体 → 気体

の相転移が描かれる(それも

  固体 → 液体 → 気体

でなく、いきなり気体になってしまうほうが概してより衝撃は大きい)。
などと思わせぶりなことを書いたが、これは今日初めて書いたことであって別に確信があるわけでもない。

それはともかくpanpanyaの短篇ではむしろ語り手の曖昧な記憶や思い込みが

  気体 → 固体

に、これも「昇華」というのだが(「凝華」とも)、そのような方向にそって描かれることが多い。

したがって、各作品のページ内では防災無線のメロディやかくれんぼや神社のお守りや一方通行の交通標識など、日頃ごく当たり前に思われていたものがだんだん明確な、ただし、日常それらがそう思われているものとは微妙に違う何ものかに「昇華(凝華)」していく。

結果として語り手が得るお守りや二匹目の金魚は、実はお守りや金魚ではない。かもしれない。

※その過程において、曖昧さはむしろ嫌われる。
と注釈じみたことを付記したところで、もちろんこちらもそれほど意味はない。

こういった相転移によるためだろうか、panpanyaのそれぞれの短篇はいつもどこかほんの少ししょっぱい。

そんなことを考えた。
もう取り返しがつかない。

« 〔短評〕 『こぐまのケーキ屋さん』 カメントツ / 小学館 ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル | トップページ | 『ふるぎぬや紋様帳<三>』 波津彬子 / 小学館 フラワーコミックススペシャル »

コミック(作品)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/66507292

この記事へのトラックバック一覧です: 相転移する 『二匹目の金魚』 panpanya / 白泉社:

« 〔短評〕 『こぐまのケーキ屋さん』 カメントツ / 小学館 ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル | トップページ | 『ふるぎぬや紋様帳<三>』 波津彬子 / 小学館 フラワーコミックススペシャル »