フォト
無料ブログはココログ

« 『神の値段』 一色さゆり、『天才株トレーダー・二礼茜 ブラック・ヴィーナス』 城山真一 / 宝島社文庫 | トップページ | 閲覧注意?? 『疑問の黒枠』 小酒井不木 / 河出文庫 »

2018/02/27

〔短評〕 『乙嫁語り』(10巻) 森 薫、『ふしぎの国のバード』(4巻) 佐々大河 / KADOKAWA HARTA COMIX

Photo異国情緒溢れる(とはいえ後者は明治期の日本が舞台なのだが)『乙嫁語り』、『ふしぎの国のバード』の、それぞれ新刊。

『乙嫁語り』第10巻の前半は、アミルの夫たるカルルクが強さ、男らしさを身につけるためにアミルの兄アゼルたちと冬の野営地で生活し、弓やイヌワシ狩りを学ぶ話。後半は久々にイギリス人旅行家スミスに視点が戻り、砂漠の花嫁タラスと再会を果たすまで。
カルルクの一族とアゼルたちは一度はいくさを起こした仲だったはずが、アミルを介した親族どうしとはいえ、いつの間にこんな間柄になったのやら?

一方、『ふしぎの国のバード』第4巻、こちらは探検家イザベラ・バードの越後街道~山形への旅程に、かつて仕えたプラント・ハンター チャールズ・マリーズとの契約を巡る通訳 伊藤(イト)のドラマを交える。加えて英国公使夫人ファニー・パークスを主人公にしたスピンオフ一篇。

2冊とも「展開」より「いきさつ説明」色の濃い、箸休め的な内容ではあるが、通底するのは一人の人間が生きていくためにどうしても必要なプライドとか誇りのようなものだ。
カルルク、スミス、バード、伊藤らはもちろん、冷徹酷薄に描かれたマリーズでさえ、周囲からは理解しがたいプライドのためにそれぞれ状況の継続、先への前進を心がけてやまない。
その象徴として2冊ともに猛禽類の飛翔が美しく描かれる。これは偶然ではないだろう。

Photo_2・・・とはいえ、この2冊の中で本当に自在な精神のありようを示すのは、親戚の紹介でタラスと結婚した当日に「好きな人がいる」「(その人は)アンカラに向かうと聞いた」と言われて「困っちゃって」「仕方ないね」「だってかわいそうだろ?」とタラスをアンカラまで連れてくるとぼけた旦那、その人である。
少なくとも、肩に力の入りすぎたカルルク君がこのおっさんの域に達するにはまだまだ時間と経験が必要そうだ(早くしないとロシアが攻めてくるよ)。

« 『神の値段』 一色さゆり、『天才株トレーダー・二礼茜 ブラック・ヴィーナス』 城山真一 / 宝島社文庫 | トップページ | 閲覧注意?? 『疑問の黒枠』 小酒井不木 / 河出文庫 »

コミック(作品)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/66437663

この記事へのトラックバック一覧です: 〔短評〕 『乙嫁語り』(10巻) 森 薫、『ふしぎの国のバード』(4巻) 佐々大河 / KADOKAWA HARTA COMIX:

« 『神の値段』 一色さゆり、『天才株トレーダー・二礼茜 ブラック・ヴィーナス』 城山真一 / 宝島社文庫 | トップページ | 閲覧注意?? 『疑問の黒枠』 小酒井不木 / 河出文庫 »