フォト
無料ブログはココログ

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月の1件の記事

2018/01/14

「耳袋秘帖」シリーズ 風野真知雄 / だいわ文庫、文春文庫

Photo松も明け、鏡開きも過ぎた1月も半ばになって今さら? とお叱りを賜りそうですが──明けましておめでとうございます。
本年もかまびすしい世間に背を向けて、ミステリ、コミックなどなどを好みのままにぼちぼち取り上げてまいります。
どうぞお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

さて、年明けの1冊めは(おそらく)作者にとっても、読み手にとってもハッピーに違いないシリーズから。
時代小説作家、風野真知雄の「耳袋秘帖」です。

『耳嚢』(みみぶくろ)といえば、江戸時代の旗本、南町奉行の根岸鎮衛が職務のかたわら30余年にわたって書きついだ随筆集。奇談、怪談が数多く含まれ、つまるところ現代の実話怪談の大先輩にあたります。
(木原浩勝、中山市朗両氏による「新耳袋」シリーズのタイトルがこの『耳嚢』によるのは言うまでもありません。)

しかもこの根岸鎮衛なる人物、下級旗本の3男として生まれ(武士の子でなかったという説まで)、養子に出た先で河川改修、普請工事に才覚を発揮し、田沼意次や松平定信の時代に能吏として悠々勘定奉行、南町奉行にまで上り詰めます。しかも豪傑肌で庶民の味方だった、全身に刺青を入れていた、等々、遠山の金さん(遠山景元)に先んじた味のある人物であったようです。

ところが、この根岸鎮衛、もののわかった南町奉行として描く小説、テレビドラマはいくつかあったようですが、実話怪談集たる『耳嚢』の書き手として描いたものは皆無に近い。たとえば平岩弓枝の「はやぶさ新八御用帳」シリーズの隼新八郎はまさしくこの根岸鎮衛の部下、内与力なのですが、根岸本人はただものわかりのよい有能な奉行として描かれるだけで、シリーズを通して『耳嚢』には全く触れられていません。大岡越前でも誰でもよいような扱いです。ナゼナンダロウ??

そして、平成になって、それに気がついた時代小説家がいました。風野真知雄です。
『耳嚢』の書き手であり、勘定奉行と南町奉行という色合いの違う業務にいずれも実績を残し、しかも若い頃には鉄火場に出入りするような熱血漢……。こんな人物が“残っていた”ことを知った風野真知雄は文字通り小躍りしたことでしょう。『耳嚢』の逸話、奇談と江戸の事件をからませて書けば「10年は食える!」と考えたに違いない。いや、これは勝手な推測ですが。
そして、彼はそれを「耳袋秘帖」というシリーズとして実行、実現しました。

「耳袋秘帖」はおおむね文庫1冊で大きな事件1つを扱います。その1冊の中に『耳嚢』に書き残された珍談、奇談4つが当時の実際の出来事として描かれ、それに論理的な解明がなされます(それが大きな事件とからむ場合もありますが、残念ながら単なるエピソードで終わる場合も少なくありません)。
重要なのは、この、“論理的な解明がなされる”という点です。つまり、風野真知雄は、江戸時代の珍談、奇談に現在の目からメスを入れ、なぜ人々がそう解釈し、驚いたかを推理してみせるのです。狐の嫁入りや永代橋の落下事故の芸大的解釈には目から鱗の落ちる思いでした。
そういった大小のエピソードをくるみながら、シリーズ全体はサスペンス色の強い捕物帳長編集の体裁をとっています。登場人物は主人公の根岸鎮衛をはじめ、なかなか魅力的で、飽きることがありません。

残念なのはだいわ文庫から文春文庫に加筆修正のうえ移行した際に順番が少し入違ったようで、現在簡単に入手できる文春文庫を1巻から順に読んでもところどころ「?」となる場合があります(そもそも根岸鎮衛の部下2組がキャラかぶりでちょっととまどう、ということもあります)。
まあ、読んで楽しむぶんにはそれほど大きな問題とは思えません。時代劇、捕物帳好きな方にも論理的なミステリ好きの方にもお奨めです。

添付画像は、さすがにシリーズ30巻を迎え、少しばかりダレてきた最近の作品の中では出色の『蔵前姑獲鳥殺人事件』より。

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »