フォト
無料ブログはココログ

« よろしくお願いしまぁぁぁす! 『発達障害』 岩波 明 / 文春新書 | トップページ | 出でよ、闘う文庫解説! 『文庫解説ワンダーランド』 斎藤美奈子 / 岩波新書 »

2017/09/29

最近の新刊から 『月明かりの男』(ヘレン・マクロイ)、『月光のスティグマ』(中山七里)

Photo『月明かりの男』 ヘレン・マクロイ、駒月雅子 訳 / 創元推理文庫

ミステリ黄金期のテイストかぐわしく、いつも刊行が楽しみなヘレン・マクロイ。その待望の新刊『月明かりの男』だが……さすがにこれは若書きのせいか(1940年、ベイジル・ウィリング博士シリーズの第2作)、細かいところでいくつか気になった。

たまたま私用で大学を訪れたフォイル次長警視正が殺害予告を受けた亡命ユダヤ人化学者にたまたま出会い、殺人現場にも立ち会うご都合主義もそうなら、前後、延々描かれる事件現場の研究室や廊下の並びのわかりにくさ。とくに後者は犯人の逃走経路や不審者像の証言が3人の目撃者によってまちまちとなり、のちに犯人を特定するポイントになるのだから困る。せめて図で示してほしかった。

○○や△△など、おそらく当時としては新進のツールや症状を次々に取り上げて読み手をけむに巻く(実は事件の真相とはあまり関係ない)マクロイの悪い癖も気にかかるが、実は一作通して一番驚いたのは、物語の中盤、ウィリング博士が捜査に立ち寄った先で、一匹のゴキブリがテーブルのシルクの布の刺繍の上を堂々と横切り、それを見た登場人物の一人が「親指と人差し指でゴキブリをつまみあげると、窓から外へひょいと投げ捨てた」シーン。
なにゆえそんなにとろっちいのだ、アメリカのゴキブリ。
それともこのような情景描写をしてのけるマクロイ女史は日常からゴキブリより素早い才女なのか、もしや。

『月光のスティグマ』 中山七里 / 新潮文庫

「月」つながりでもう1冊。

中山七里はこと「どんでん返し」という技術において高く評価しているミステリ作家の一人で(男子体操、床運動の白井健三選手に対する称賛に近い)、いつか取り上げようと思っていたのだが、新刊の『月光のスティグマ』は残念ながら荒さのほうが目立った。

本書では美人双子とその幼馴染の少年がまず変質者に襲われて傷つき、のちに双子の一方が少年の兄を刺し、と思ったら〇〇に巻き込まれて双子たちと少年は別れ別れになり、のちに少年は特捜検事となって……実はここまでで導入部に過ぎない。

日本国内から最後は世界規模までの大きな事件や政変を次々ストーリーに取り込んで、ダイナミックといえばダイナミックなのだが、それぞれの事件が消化不良のままストーリーが転がっていくため、読後感は渇いたカステラを頬張った口の中のようだ。

大きな活字の文庫400ページにこれだけ詰め込むのは無理、というだけでなく、思うに、この作家は、「愛する人を護りたい」などというありきたりな若者の感傷、情感など切り捨てて、クールかつ執拗な悪人を主人公にした、たとえるなら柴田錬三郎のような肌合いの公判サスペンスを書いたほうがいいのではないか(実際、中山七里作品で無条件に楽しめるのは、そういった傾向ののもののような気がする)。

« よろしくお願いしまぁぁぁす! 『発達障害』 岩波 明 / 文春新書 | トップページ | 出でよ、闘う文庫解説! 『文庫解説ワンダーランド』 斎藤美奈子 / 岩波新書 »

ミステリ・サスペンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/65849898

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の新刊から 『月明かりの男』(ヘレン・マクロイ)、『月光のスティグマ』(中山七里):

« よろしくお願いしまぁぁぁす! 『発達障害』 岩波 明 / 文春新書 | トップページ | 出でよ、闘う文庫解説! 『文庫解説ワンダーランド』 斎藤美奈子 / 岩波新書 »