フォト
無料ブログはココログ

« 詩人 原子朗先生の思い出 | トップページ | 『フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(9)』 原作 草水 敏、漫画 恵 三朗 / 講談社 アフタヌーンKC »

2017/07/14

『もし文豪たちが カップ焼きそばの作り方を書いたら』 神田桂一、菊池 良 / 宝島社

Photo名は体を表す。それ以上でもそれ以下でもない。
もし、村上春樹や太宰治、三島由紀夫、夏目漱石といった文豪、あるいは星野源、尾崎豊らミュージシャンがカップ焼きそばの容器にある「作り方」を書いたなら――

それだけの本である。

もちろん、なんの役にも立たない。だから、いい。
この1冊をこしらえるために費やされた学識、労力たるや大変なものだったろう。夜を徹し、いったいどれほどのカップ麺がすすられたことか。
それでこの内容。カップ焼きそばの麺をシンクにこぼしてしまった際の脱力感もかくやかくやのかくや姫。

欲をいえば、今ひとつ文体模写の域に至らず、著名作の有名な書き起こし部分にカップ焼きそばの作り方を押しはめただけのページがなくもない、ような気もした。たとえば夏目漱石の項に「兎に角」が使われていない、など。

それでも、相田みつを、デーブ・スペクター、稲川淳二、内田樹、アンドレ・ブルトンから『週刊文春』、自己啓発本、利用者の声、迷惑メールまで、古今の文豪だけでなく近・現代の文体総カタログとなっているところが凄い。偉い。

ふと、顔ぶれを見渡して、西野カナとジャパネットの高田氏がいないのが寂しい。
もう一人、この手の文体模写ネタの常連だった野坂昭如がいない。ここでもまた、昭和は遠くなりにけり、か。

« 詩人 原子朗先生の思い出 | トップページ | 『フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(9)』 原作 草水 敏、漫画 恵 三朗 / 講談社 アフタヌーンKC »

テレビ・新聞・雑誌・出版」カテゴリの記事

小説・詩・文芸評論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/65531957

この記事へのトラックバック一覧です: 『もし文豪たちが カップ焼きそばの作り方を書いたら』 神田桂一、菊池 良 / 宝島社:

« 詩人 原子朗先生の思い出 | トップページ | 『フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(9)』 原作 草水 敏、漫画 恵 三朗 / 講談社 アフタヌーンKC »