フォト
無料ブログはココログ

« 〔短評〕 『ドラゴン・ヴォランの部屋 レ・ファニュ傑作選』 J・S・レ・ファニュ、千葉康樹 訳 / 創元推理文庫 | トップページ | 〔短評〕 『短篇ベストコレクション 現代の小説2017』 日本文藝家協会 編 / 徳間文庫 »

2017/06/30

〔短評〕 『僕が私になるために』 平沢ゆうな / 講談社 モーニングKC

Photo_5【トゥデ~イ イ~~ズ……  オペレ~~~ ~~ショーン!!】

この「くるくる回転図書館」をときどきでも覗いていただいている方には、烏丸がことジェンダーや性同一性障害(GID)について疎い、語る言葉を持たないことにお気づきかと思う。要は凡庸で想像力に乏しいのである。

元男性の作者がタイで性別適合手術(SRS)、早い話が男性器を切除する過程をユーモラスかつ具体的に描いた本作は、昨年の春、モーニング誌上でリアルタイムに読み、その後すぐ発売された単行本も手に入れていつか取り上げようと思いつつ、どう書くか見当のつかないまま今に至った。
正直にいえば作者(=主人公)の悩みは理解の外にある。だが、作者が一個の人間として己と対峙し、先の道すじを明らかにするために歩みを進めたことはわかった。さらにおそらくは想像を絶する本人の苦しみや周囲の冷たい目線、病院通いや裁判所での手続きへの葛藤があったであろうにもかかわらず、タイでの手術の過程を愉快に描くことに焦点をしぼり、その前後はさらりとかわした(描いていないわけではない!)ところに、作家としての力量を感じた。

単行本は発行部数が少ないのか書店店頭ですぐ見かけなくなったし、性同一性障害を扱った書物の中でどういった位置にあるのかよくわからない。
それでも、作者のナイーブな内省、術後の痛みあれこれ、底抜けに明るいタイのナースたちの描写を楽しむだけでも価値はある。一人でも多くの方にお奨めする次第。

« 〔短評〕 『ドラゴン・ヴォランの部屋 レ・ファニュ傑作選』 J・S・レ・ファニュ、千葉康樹 訳 / 創元推理文庫 | トップページ | 〔短評〕 『短篇ベストコレクション 現代の小説2017』 日本文藝家協会 編 / 徳間文庫 »

コミック(作品)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/65475394

この記事へのトラックバック一覧です: 〔短評〕 『僕が私になるために』 平沢ゆうな / 講談社 モーニングKC:

« 〔短評〕 『ドラゴン・ヴォランの部屋 レ・ファニュ傑作選』 J・S・レ・ファニュ、千葉康樹 訳 / 創元推理文庫 | トップページ | 〔短評〕 『短篇ベストコレクション 現代の小説2017』 日本文藝家協会 編 / 徳間文庫 »