フォト
無料ブログはココログ

« 悪いキジムナーがいっぱいいる 『沖縄の怖い話 メーヌカーの祟り』『沖縄の怖い話 <弐> 壊せない場所』 小原 猛 / TO文庫 | トップページ | 僕のなにが罪深いというのだ 『赤い橋の殺人』 バルバラ、亀谷乃里 訳 / 光文社古典新訳文庫 »

2017/05/29

窓越しに遊ぼう(←編集GJ!) 『まどからマドカちゃん(1)』 福田泰宏 / 講談社 モーニングKC

Photo出版不況化に濫発されるマンガ単行本の消耗がー、といったあたりから書き始めたのだけど、どんどん作品から乖離してしまったので没。
シンプルにいこう。

元総理大臣みたいな名前の作者による『まどからマドカちゃん』はかわいい。面白い。売れるんじゃないかな。売れてほしい。

サラリーマンの小田君(やや社畜)は、会社に急ぐ道すがら、その路地に面したアパートに住むマドカちゃんと知り合う。
このマドカちゃん、突然窓を開けて寿司屋になったり、射的屋になったり、丁半博打の賭場を開いたり、病院開いたり、あれやこれやで小田君を翻弄する。今日はまさかの……。

マドカちゃんの側はセリフ(吹き出し)なし、その意図は表情とファッションと小田君の

  ちょっと待って! え? 寿司!?

  「何握りやしょう!!」みたいな顔しなくていいから!

などのセリフで説明されるのみ。そもそもタバコをくわえたり缶ビールをすすることはあっても、マドカちゃんの口や鼻は一切描かれない。

ちなみに小田君がとことん鈍いので気がつきにくいが、実はマドカちゃんはときどきエロなのでお子様には目の毒、お一人身様には気の毒だ。


(6月4日追記)
なんとなくタイトルに既視感があると思っていたら、『波打際のむろみさん』(名島啓二)という作品がありました。文字にしてしまうと別に似てもいないか。
釣りが趣味の少年が防波堤で人魚を釣り上げてもあまり動じない、可愛い顔をしたヒロインの人魚がゴカイやミミズを食べたがるなど、甘々とラブロマンスに走らないところが魅力的でした。

« 悪いキジムナーがいっぱいいる 『沖縄の怖い話 メーヌカーの祟り』『沖縄の怖い話 <弐> 壊せない場所』 小原 猛 / TO文庫 | トップページ | 僕のなにが罪深いというのだ 『赤い橋の殺人』 バルバラ、亀谷乃里 訳 / 光文社古典新訳文庫 »

コミック(作品)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/65341757

この記事へのトラックバック一覧です: 窓越しに遊ぼう(←編集GJ!) 『まどからマドカちゃん(1)』 福田泰宏 / 講談社 モーニングKC:

« 悪いキジムナーがいっぱいいる 『沖縄の怖い話 メーヌカーの祟り』『沖縄の怖い話 <弐> 壊せない場所』 小原 猛 / TO文庫 | トップページ | 僕のなにが罪深いというのだ 『赤い橋の殺人』 バルバラ、亀谷乃里 訳 / 光文社古典新訳文庫 »