フォト
無料ブログはココログ

« 『カメントツのルポ漫画地獄』『カメントツの漫画ならず道(1)』 小学館 ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル | トップページ | だんだん浄らかになる 『美しの首』 近藤ようこ / エンターブレイン ビームコミックス »

2017/04/30

タケモトケンジ、ジケンモトケタ 『かくも水深き不在』 竹本健治 / 新潮文庫

Photo『かくも水深き不在』は短編5作からなる連作短編集。そのうちいくつかでは語り手の夢、ないし幻覚としか思えない辻褄の合わない物語が開かれる。

・森に包まれた廃墟の洋館で、鬼に追われ、鬼に見られ、鬼と化していく子供たち
・CMの一画面、瓦礫に赤い花の咲く光景に激しい恐怖を感じた語り手は……
・自身が恋い焦がれる花屋の娘につきまとうストーカーに殺意を抱いた語り手は……
・大物芸人の娘を誘拐した犯人はなぜか身代金強奪の途中で連絡を絶つ

こんなバラバラなシチュエーションにミステリとして整合性のある結末は可能なのか。

-----------------

ところで、書店の棚に新人、ベレランの「本格ミステリ」がうず高く並ぶ現在からは信じがたいことかもしれないが、綾辻行人が『十角館の殺人』でデビューし(講談社ノベルス、1987年)、「新本格」がブームになるまでの十数年、国内の「本格」ミステリファンはほとんど読むものがなかった。

新刊として新聞の広告欄をにぎわしたのは社会派、ハードボイルド、それにユーモアミステリばかりで、クイーンやカーの旧作を創元推理文庫で漁る以外は

中井英夫『虚無への供物』の講談社文庫化(1974年)、
『犬神家の一族』角川映画化に伴う横溝正史ブーム(1976年~)、
『11枚のとらんぷ』『乱れからくり』『亜愛一郎の狼狽』など泡坂妻夫作品の角川文庫化(1979年~)、
『ぼくらの時代』(1978年)をはじめとする栗本薫の活躍、

くらいしか選択肢がなかったのだ。

(それなりにボリュームあるじゃないかとの声も聞こえそうだが、インターネットのない時代、本格テイストの作品を探し出すのはなかなか大変だったのだ。ちなみに、新本格の先達とされる島田荘司さえ、初期はトラベルミステリーやサスペンス作家のイメージが強く、『占星術殺人事件』や『斜め屋敷の犯罪』が文庫化されて本格ミステリ作家として一般に知れ渡ったのは綾辻のデビュー後だった。)

そんな中、出版界の動向に頓着せず、アンチ・ミステリ『匣の中の失楽』(1983年、講談社文庫)や『囲碁殺人事件』『将棋殺人事件』『トランプ殺人事件』のゲーム三部作シリーズ(1980年~)で登場した竹本健治もまた、本格ファンの渇きを癒してくれた作家の一人だった。

ただ、竹本作品は総じてメタフィクションであったりホラー色、SF色が強かったりで、現在にいたるまで必ずしもとっつきやすいものではない。

『かくも水深き不在』も、それぞれの語り手に精神科医の天野不巳彦が対するので、そのうち彼が探偵役として事件を解き明かしてくれるのだろうと油断していると、最後に地面が抜ける。
異様なまでに論理的、なのか、それとも骨なしのファンタジーなのか。
説明のつかない超常的な展開をホラーと見ればホラー、さまざまな伏線がそれなりに収束するところは本格ミステリにも思われる。

しかも、最後の1行、つまりこれはあのミステリ黄金時代の、あの女王のあの著名作品へのオマージュなのか?

« 『カメントツのルポ漫画地獄』『カメントツの漫画ならず道(1)』 小学館 ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル | トップページ | だんだん浄らかになる 『美しの首』 近藤ようこ / エンターブレイン ビームコミックス »

ミステリ・サスペンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/65214687

この記事へのトラックバック一覧です: タケモトケンジ、ジケンモトケタ 『かくも水深き不在』 竹本健治 / 新潮文庫:

« 『カメントツのルポ漫画地獄』『カメントツの漫画ならず道(1)』 小学館 ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル | トップページ | だんだん浄らかになる 『美しの首』 近藤ようこ / エンターブレイン ビームコミックス »