フォト
無料ブログはココログ

« エロ以外なんでもあり 『猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』シリーズ(現在7巻まで) 内藤 了 / 角川ホラー文庫 | トップページ | 『負け組ハード列伝 ホビーパソコン編』 前田尋之 / オークラ出版 »

2017/03/22

『またたかない星』 小泉喜美子 / 集英社コバルト文庫

Photoクレイグ・ライスやP.D.ジェイムズの翻訳仕事の一部以外、ほとんどの作品が品切れ、絶版だった小泉喜美子だが、『弁護側の証人』に続き、文庫の新装刊がポツリポツリと進んでいるようだ。
「そうでしょうそうでしょう」という嬉しい気持ちと、けっこう手間ヒマかけて古本屋あさってきたのにナ、という口惜しさ半々で、今夜はおそらく復刊の対象にならない、なったとしても最後の最後と思われる集英社コバルト文庫版の短篇集『またたかない星(スター)』を取り上げることにした。
(プライベートなブログとはいえ、わざわざ読み手が手に入れにくい本を取り上げてどうする……)

収録は7篇。
初出は1972年から77年にかけての「小説ジュニア」、「小説現代」、「小説サンデー毎日」、「小説推理」(2作)、「マーガレット」(!!)、「小説クラブ」。案外大人向け雑誌が多い。
内容も、エロティックな関係、グロテスクな殺人がさらりと持ち出され、大人が読んでも違和感のない読み応えだ。
小泉喜美子作品ではときにワルぶって背伸びした子娘キャラが鼻につくことがあるが、いずれの短篇もほど良く薄味で、するっとサスペンスに入り込むことができた。

「犯人のお気に入り」における後半の鮮やかな視点の変換、「髪」のある意味繊細、ある意味愚昧な犯人描写がよい。
「殺人者と踊れば」は作者の代表作と同工異曲なのだが、初出誌と記された「マーガレット」(1976年というと岩館真理子が『グリーンハウスはどこですか?』を連載した頃。「週刊マーガレット」や「別冊マーガレット」に小説ページなどあったろうか?)の読者層に合わせたのか、背景、情景描写をシンプルにし、時代や場所を特定しない、一種寓話の味わいにいたっていて、これもよかった。 

ただ、女性ならではのモノへの丁寧な眼差しが、結果として言葉を古くしているのが気になる。「マイ・カーのランツィア・フラミニアに」「カセット・テープ装置つきのレコード・プレーヤーが」「オレンジ色のパンタロンも金のサンダルも」など。いずれも現代でも通用する心理ドラマだけに、惜しい。

« エロ以外なんでもあり 『猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』シリーズ(現在7巻まで) 内藤 了 / 角川ホラー文庫 | トップページ | 『負け組ハード列伝 ホビーパソコン編』 前田尋之 / オークラ出版 »

ミステリ・サスペンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/65049760

この記事へのトラックバック一覧です: 『またたかない星』 小泉喜美子 / 集英社コバルト文庫:

« エロ以外なんでもあり 『猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』シリーズ(現在7巻まで) 内藤 了 / 角川ホラー文庫 | トップページ | 『負け組ハード列伝 ホビーパソコン編』 前田尋之 / オークラ出版 »