フォト
無料ブログはココログ

« 『負け組ハード列伝 ホビーパソコン編』 前田尋之 / オークラ出版 | トップページ | あはははごめんごめん! 『ヒストリエ(10)』 岩明 均 / 講談社 アフタヌーンKC »

2017/03/29

メールは忖度し 『紙片は告発する』 D・M・ディヴァイン、中村有希 訳 / 創元推理文庫

Photo待望、D・M・ディヴァインの新訳。ディヴァインは生涯に長編を13作品遺したそうだが、これで未訳はあと2作となった。

とはいえ、『バーナード嬢曰く。』で神林しおりが

  「ディックが死んで30年だぞ!
   今更 初訳される話がおもしろいワケないだろ!」

と喝破したように、13冊中11冊めともなるといかにディヴァインでも多少のダレはある。真犯人は読み進むうちなんとなく見当がついてしまうし、解決にいたっても「してやられた!」感は薄い。それどころか、殺害方法に大きな疑問がある。中盤に出てくる犯行方法では、被害者が犯人名のダイイングメッセージを残す可能性があるので、絶対に顔を見られてはいけないはずなのだ……。

等々で本ブログで取り上げる気にもなれず、『紙片は告発する』は読み終えてすぐ本棚に片づけてしまっていた。しかし、昨今の国会証人喚問報道を鑑み……いや、別にここで政局を語るつもりなどないのだけれど、気になることがあったのでまた取り出してパラパラめくっている次第。
それは、ここしばらくあちこちで目にする

  「忖度(そんたく)」という言葉は英語にしづらい
  そのため事件のニュアンスを海外の特派員に伝えにくい

との論調である。その背景には「日本の行政はルールや論理でなく上への忖度で動く、だからダメ」という批判の色合いもあるようだ。

だが、日本人だって大半が読めない、書けないに違いないレアな熟語、そんな言葉が翻訳しやすいはずがない。
そもそも、欧米には「忖度」にあたる行動パターンはないのか? ぴったりなワードこそないかもしれないが、どうだろう?

ここで話題はディヴァインにダル・セーニョ。
工業都市として発展しつつある町の町政庁舎を舞台にした『紙片は告発する』は、公共事業の不正入札疑惑に上司との不倫に悩む書記官をからませた、ディヴァインにしては社会派風味豊かなストーリーなのだが(もちろんあくまで趣向はフーダニットにあり、間違っても地方政治の闇を暴こうとかいうものではない)、この町議会の面々がなかなか巧みに描かれていて、町長選出にともなってそれぞれの思惑がからまり、一見正論を口にしつつ、実はのちのち上司になりそうな者の意向を慮り、、、、まさしく「忖度」、「斟酌」、「阿吽の呼吸」の世界ではないか。

つまるところフィットする訳語があろうがなかろうが、欧米でも「忖度」にあたる組織内コンタクトはありそうだ。
いや、思い起こせばディヴァイン作品の多くは、明確な犯罪を犯したわけでもないのに周囲の反発を買い、無言の「忖度」によって沈められていた者たちの苦い蘇生の物語であり、だからこそフーダニットの楽しみを越えて読み手の胸を打つのである。

« 『負け組ハード列伝 ホビーパソコン編』 前田尋之 / オークラ出版 | トップページ | あはははごめんごめん! 『ヒストリエ(10)』 岩明 均 / 講談社 アフタヌーンKC »

ミステリ・サスペンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/65079407

この記事へのトラックバック一覧です: メールは忖度し 『紙片は告発する』 D・M・ディヴァイン、中村有希 訳 / 創元推理文庫:

« 『負け組ハード列伝 ホビーパソコン編』 前田尋之 / オークラ出版 | トップページ | あはははごめんごめん! 『ヒストリエ(10)』 岩明 均 / 講談社 アフタヌーンKC »