フォト
無料ブログはココログ

« 不安の入り口、希望の出口 『うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち』 田中圭一 / 角川書店 | トップページ | 『怪談狩り 市朗百物語』 中山市朗 / 角川ホラー文庫 »

2017/02/11

雑感 『短篇ベストコレクション 現代の小説2016』 日本文藝家協会 編 / 徳間文庫

Photo16作品収録。

朝倉かすみ「さようなら、妻」
早めにオチが見えてしまった分、落差が今ひとつ。
大沢在昌「分かれ道」
新宿鮫、まだこんな仕事してるのか。
荻原 浩「成人式」
体操の鉄棒にたとえるなら、決して超人的、軽やかな演技ではなく、要所要所ではらはらさせながら、最後の着地がなんとか決まり、気がつけば観客の目に涙。傑作。
恩田 陸「線路脇の家」
問題作(悪い意味で)。後で触れる。
梶尾真治「辺境の星で」
梶尾真治にしてはウェットな味付けのない落とし噺。
神田 茜「おっぱいブルー」
お嬢ちゃん、がんばれ。もう30年若かったら、読み方、感想も変わったか。
北村 薫「茶の痕跡」
小さなミステリであることは決して悪いことではない。が、どうもこのところのこの作者の“小物感”が気になる。
※作中に登場する『本をつくる者の心 造本40年』(藤森善貢、日本エディタースクール出版部)、面白そうなのでさっそく古本を取り寄せて読んでみた。近日中に取り上げたい
佐々木 譲「降るがいい」
こういうやるせなさを、演歌のない今の若い人たちはどう処理しているのだろう。
髙村 薫「わが町の人々」
迷走してる? 大丈夫か?
長岡弘樹「涙の成分比」
話題になった同じ作者の短篇集を読んだときは今ひとつピンとこなかったのだが、本作は素晴らしい。登場人物は実質たった2人、だが、ともにその言動が読み手の想像を上回り、思いもかけないエンドマークにいたる。短篇ながら映画1本分の重荷。
新津きよみ「寿命」
読み手の想像を覆す点ではこれも凄い。ワンアイデアにもたれず、厳しく終わらせたことで再読に耐えた。
藤井太洋「ヴァンテアン」
怪作。とんでもない(ろくでもない?)発想。ただ、これでSFの読者が増えるのだろうか? 最後の7行の意味はよくわからなかった。誰か教えてください。
本城雅人「持出禁止」
スポーツ新聞の特ダネ競争を描いて痛快。面白さということでは集中随一か。
ただ、ファックスで原稿をやり取り、連絡は電話ボックス……いつの時代の話だ?
三浦しをん「胡蝶」
煮付けの好きな祖母に育てられた少女、という話から、やがてずるずると世界が崩れていく。壊すのは誰か。
宮木あや子「鞄の中」
短篇小説にはE.A.ポーのように論理的で起承転結のきっちりした(ミステリに向いた)「閉鎖血管系」の作品と、因果関係も終わりもはっきりしない(ホラー向きな)「開放血管系」の2種がある。本作は典型的な後者で、物語中の毛細血管からじわじわと血が染み出し、家中が血まみれなのに主人公は歯牙にもかけない。ここ数年読んだあらゆるホラーの中でも一、二を争う恐ろしさ。
両角長彦「頼れるカーナビ」
よくできたショートショート。なのだが、こういった技術製品を素材にした作品は数年経つと話が理解できなくなることもある。

さて、恩田陸については、以前、他者の、それもかなり広く知られたデザインやタイトルを平気で自作に用いる、その無神経さが気持ち悪いというようなことを書いた(その後発表された『ブラザー・サン シスター・ムーン』にも驚いた)。
今回収録の「線路脇の家」は、アメリカ人画家、エドワード・ホッパーの代表作のタイトルであり、ヒッチコックの映画『サイコ』の舞台のモデルとしても知られている。ところがそれを引用した恩田陸の物語の舞台は、日本国内の線路脇の、ホッパーの絵に似た家、というだけで、元の絵画作品や『サイコ』を膨らませるわけでも批評するわけでもない(実際、書き起こしは「線路脇に洋館があった」で十分だったろうし、逆にホッパーやヒッチコックの名を削ってしまえば提示された謎もその解もショボい、しみったれたものでしかない)。
それでなおかつ世界の著名作をひっぱってくる恩田陸。もう一度書くが、この作者の意識の中で,意匠とかオリジナリティとかはどういう具合になっているのだろうか。

« 不安の入り口、希望の出口 『うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち』 田中圭一 / 角川書店 | トップページ | 『怪談狩り 市朗百物語』 中山市朗 / 角川ホラー文庫 »

小説・詩・文芸評論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/64877582

この記事へのトラックバック一覧です: 雑感 『短篇ベストコレクション 現代の小説2016』 日本文藝家協会 編 / 徳間文庫:

« 不安の入り口、希望の出口 『うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち』 田中圭一 / 角川書店 | トップページ | 『怪談狩り 市朗百物語』 中山市朗 / 角川ホラー文庫 »