フォト
無料ブログはココログ

« 小学館版『少年少女世界の名作文学』の思い出 | トップページ | 『片恋・ファウスト』 ツルゲーネフ、米川正夫 訳 / 新潮文庫 »

2017/01/31

読書通絶句 『バーナード嬢曰く。』(現在3巻まで) 施川ユウキ / 一迅社 REXコミックス

Photo  「読んでない本を読んだ気になるのに
   楽をするな!!」

と豪語する町田さわ子は、読んでもいない本のことをいかに読書通ぶって語れるか、そこにばかりこだわる困った女の子。

そんな町田さわ子をなんとなくウォッチしてしまう遠藤は『真夜中は別の顔』『恋空』『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』『KAGEROU』などひと昔前に流行った本を古本屋で買って読むのが趣味。同じく図書室に常駐する神林しおりは熱心なSFファンゆえに町田さわ子のいい加減な読書ぶりが気になってしかたがない。遠藤に思いを抱く図書委員の長谷川スミカはシャーロキアン。

登場人物はほとんどこの4人だけ。
事件らしい事件は何も起こらない。その代わり、さまざまな本、本についての名言、妄言が横から斜めから次々飛んできて、半可通の読書家を刺す。

個人的には生真面目な神林しおりが、ほとんど恋しいレベル。
圧倒的な読書量と解説の嵐で大ゴマを文字で埋めながら、町田さわ子の素朴なツッコミカウンターに赤面、石化するしおり。
あるいは水泳部が休みの誰もいないプールで、大好きだけどやたら難しいグレッグ・イーガンの新作を読んだら思ったより読みやすく、それが嬉しくて無意識に足で水をぱちゃぱちゃぱちゃぱちゃぱちゃぱちゃしてしまうしおりの愛おしさ。
停電で暗くなった図書室で、理科室から持ってきたアルコールランプの灯りのもと、嵐の音を聞きながら皆で本を読むエピソードもいい。

ちなみにタイトルの「バーナード嬢」とは、言わずと知れたアイルランド出身の劇作家「バーナード・ショウ」をもじったもので──とか知ったかぶりしてしまうわけだが、実のところ町田さわ子に限らず当方だってバーナード・ショウの本をちゃんと読んでいるわけではない。
本書がちくちく刺すのはまさしくそういう読書家である。
もっとも、刺すからといって殺すわけではない。バファリンではないが、『バーナード嬢曰く。』の半分は本好きへの優しさでできているのだ。

  「だから私は…
   同じ話を
   何度だってする……!!!」
  「何度でも
   聞くよ?」

« 小学館版『少年少女世界の名作文学』の思い出 | トップページ | 『片恋・ファウスト』 ツルゲーネフ、米川正夫 訳 / 新潮文庫 »

コミック(作品)」カテゴリの記事

小説・詩・文芸評論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/64831527

この記事へのトラックバック一覧です: 読書通絶句 『バーナード嬢曰く。』(現在3巻まで) 施川ユウキ / 一迅社 REXコミックス:

« 小学館版『少年少女世界の名作文学』の思い出 | トップページ | 『片恋・ファウスト』 ツルゲーネフ、米川正夫 訳 / 新潮文庫 »