フォト
無料ブログはココログ

« 『君は山口高志を見たか 伝説の剛速球投手』 鎮 勝也 / 講談社+α文庫 | トップページ | 起きたとね? 『妻に恋する66の方法(1)』 福満しげゆき / 講談社 イブニングKC »

2016/10/23

殺してください。 『〆切本』 左右社

Photo作家たちが苦悩する。もがく。絶叫する。逃げる。言い訳する。居直る。言い訳を重ねる。

手紙がある。日記がある。随筆がある。そんなヒマがあるなら原稿お書きなさいよ、と肩を叩いてやりたいほどに名言名句が並ぶ。
いわく
  「今夜、やる。今夜こそやる。」
  「むろん断るべきであった。」
  「才能がないのではないか。」
  「原稿性発熱」
  「鉛筆を何本も削ってばかりいる。」
  「おたくのFAXこわれていませんか」……

漱石に藤村、鏡花に基次郎。利一に風太郎、ばななに春樹。
明治の文豪から現代の人気作家まで90人の書き手、94編。中堅、重鎮、あの人のはないかしらとページをめくれば期待たがわず用意万端。企画から装丁、谷崎潤一郎の詫び状で〆る最後の1ページまで一部の隙もなく、もはや編集の完全勝利。
原卓也の一篇は『賭博者』の解説から、ドストエフスキーの〆切に起因する危機とその回避。
なかには一度も〆切を守らなかったことなどないと豪語する者もいる。無闇に腹が立つ(何故?)。
一方の編集者からの視点も語られる。雑誌編集者の怒りを語る高田宏のそれは名文。
埴谷雄高にいたっては同人の原稿を集める仕事を務め、届かぬ原稿に努力と友情の虚しさを知る。愉快愉快。
〆切の効能、効果についての論文もある。

マンガも長谷川町子、藤子不二雄Ⓐ、岡崎京子から三様。
我欲をかくなら大島弓子『綿の国星』からPART5、「ピップ・パップ・ギー」を選んで欲しかった。呻吟の果て、筆が動き始めた歓喜をこれほど見事に描いた作品をほかに知らない。どうだろう。

1_2
2_2







« 『君は山口高志を見たか 伝説の剛速球投手』 鎮 勝也 / 講談社+α文庫 | トップページ | 起きたとね? 『妻に恋する66の方法(1)』 福満しげゆき / 講談社 イブニングKC »

小説・詩・文芸評論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/64386005

この記事へのトラックバック一覧です: 殺してください。 『〆切本』 左右社:

« 『君は山口高志を見たか 伝説の剛速球投手』 鎮 勝也 / 講談社+α文庫 | トップページ | 起きたとね? 『妻に恋する66の方法(1)』 福満しげゆき / 講談社 イブニングKC »