フォト
無料ブログはココログ

« 『連載終了! 少年ジャンプ黄金期の舞台裏』 巻来功士 / イースト・プレス | トップページ | 〔短評〕 『白骨の処女』『問題物件』 »

2016/07/30

『最後のレストラン』(現在8巻まで) 藤栄道彦 / 新潮社 BUNCH COMICS

Photo【さて 不思議じゃのう…】

何度も書いてきたことだが、なんらかの難題が提示され、それを作品のテーマにそって解決していく──というタイプの一話読み切りマンガはもう少し高く評価されてよいように思う(『代打屋トーゴー』や『スーパードクターK』など)。

藤栄道彦の作品も、『コンシェルジュ』(シリーズ通巻31巻)、そして現在連載中の『最後のレストラン』など、そのスタイルで貫き通されている。

『最後のレストラン』は、偏屈で厭世的なシェフの商うフレンチ・レストラン「ヘブンズドア」に毎回死を直前にした歴史上の偉人がタイムスリップして現れ、彼らが満足する人生最後の一皿を提供しなければならない、という設定。
軽めの絵柄、シェフのネガティブな言動などによってちょっと見ギャグ、パロディの色合いが強いが、なにしろ死を目前にした最後の一皿である。何冊か読み続けるうちに読み手の海馬に澱のようなものが溜まっていく、ような気がしないでもない。

「ヘブンズドア」に登場するゲストは、織田信長、マリー・アントワネット、坂本龍馬、ジャンヌ・ダルク、ヒトラー、安徳天皇、澤村榮治、ラスプーチン、戦艦大和乗員一同などなど。
登場人物によって、読み手の好みが大きくブレそうな作品ではあるが、その人物が間もなく死ぬ認識のあるもの、ないもの、歴史上語られているとおりの人物として描かれたもの、逆のもの、現代にそのまま残ってしまうもの、過去に戻るもの、それに対するシェフの姑息な(?)一皿ともどもバリエーション豊かで、なかなか飽きさせない。
飽きることはないが、偉人たちのそれぞれ戻った先での運命を思えば、料理はどこか苦い。

« 『連載終了! 少年ジャンプ黄金期の舞台裏』 巻来功士 / イースト・プレス | トップページ | 〔短評〕 『白骨の処女』『問題物件』 »

コミック(作品)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/63985145

この記事へのトラックバック一覧です: 『最後のレストラン』(現在8巻まで) 藤栄道彦 / 新潮社 BUNCH COMICS:

« 『連載終了! 少年ジャンプ黄金期の舞台裏』 巻来功士 / イースト・プレス | トップページ | 〔短評〕 『白骨の処女』『問題物件』 »