フォト
無料ブログはココログ

« 『レインマン 01』 星野之宣 / 小学館 ビッグコミックススペシャル | トップページ | ジャガ肉 『ののちゃん全集⑩』 いしいひさいち / 徳間書店 GHIBLI COMICS SPECIAL »

2016/04/30

『愛が扉をたたく』 石坂浩二 / 講談社

Photo「開運!なんでも鑑定団」で2年にわたって発言シーンが放映されず、ついに降板にいたった我らが石坂浩二の、1971年に発行されたこれは初めての作品集。
内容は、帯にもあるとおり「詩やメルヘン」に本人の描いたイラストを添えたもの(イラストのいくつかは明らかにその年に結婚したばかりの浅丘ルリ子を模している)。

作品の水準についていえば、ニヒルとユーモアを兼ね備えた知的な二枚目俳優、またさまざまなバラエティ番組で博識を誇ったタレント石坂浩二の作品として見ると若書きとはいえやや物足りない。ちりばめられた冴えの絶対量の少なさ、研摩の甘さが目立つ。詩と称するにも、メルヘンと呼ぶにも、少しばかりゆるいのだ。
それでも当時これだけの本をまとめられた青年はマルチタレントと敬されるに値しただろうし、役者、演出家としてすでに名を成し、恐ろしく多忙だったはずの当時、50日の海外旅行でニューヨーク、ロンドン、ベニス、パリ等を闊歩した記録にはのちの蘊蓄マン、ディレッタントらしさが微かながら透かし見える。

鑑定団降板を受けてこの昔の本を取り出し、久しぶりにパラパラめくって感じたのは、石坂浩二個人のことより、むしろ当時の若者に共通する息遣いだった。
1970年はよど号ハイジャック、三島由紀夫割腹自殺の年。マンガ誌には『ジュン』や『アシュラ』、『光る風』が堂々と連載されていた。少なからぬ十代、二十代の若者が詩やメルヘン、ショートショートの形で社会に対する自らの不安、憤懣、所在なさを訴えようと苦心惨憺し、ただその大半は線や面となり得ず点のまま消えた。
ガリ刷りの冊子をたずさえ、「私の詩集を買ってください」と胸に掲げた当時の無名の若者たちと、この本は地続きにある。

« 『レインマン 01』 星野之宣 / 小学館 ビッグコミックススペシャル | トップページ | ジャガ肉 『ののちゃん全集⑩』 いしいひさいち / 徳間書店 GHIBLI COMICS SPECIAL »

小説・詩・文芸評論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/63556678

この記事へのトラックバック一覧です: 『愛が扉をたたく』 石坂浩二 / 講談社:

« 『レインマン 01』 星野之宣 / 小学館 ビッグコミックススペシャル | トップページ | ジャガ肉 『ののちゃん全集⑩』 いしいひさいち / 徳間書店 GHIBLI COMICS SPECIAL »