フォト
無料ブログはココログ

« 〔短評〕 『ポアロとグリーンショアの阿房宮』 アガサ・クリスティー、羽田詩津子 訳 / ハヤカワ文庫 | トップページ | 『目の見えない人は世界をどう見ているのか』 伊藤亜紗 / 光文社新書 »

2016/01/19

〔短評〕 『恐怖箱 厭魂』 つくね乱蔵 / 竹書房文庫

Photo実話怪談について、読み手としては
 ・匿名で書かれているため、怪異の体験者が実在する保証がない
 ・実在したとして、それが作り話でない保証がない
との2点から、実話であるかどうかなど確かめようがない。
面白(こわ)ければそれでよし、というスタンスである。

最近読んだ中では『恐怖箱 厭魂』が生理的に厭な話が多くてなかなかよかった。

「そばにいるよ」や「公園友達」、「潮騒の母」など、怪異が明らかになったあとの救いのなさがよい。
一方、怪談という枠にこだわったためか「冷めないうちに」や「ねぶり箸」のようにあからさまに幽霊が登場し、それがかえって虫が這うような嫌悪感を損なっているものも見られた。
「僕の好きな場所」や「あの子の部屋」も、心霊現象より生きた人間のほうがよほど薄気味悪い。もっとそちらに焦点を当ててもよかった。
などなど。

« 〔短評〕 『ポアロとグリーンショアの阿房宮』 アガサ・クリスティー、羽田詩津子 訳 / ハヤカワ文庫 | トップページ | 『目の見えない人は世界をどう見ているのか』 伊藤亜紗 / 光文社新書 »

ホラー・怪奇・ファンタジー」カテゴリの記事

平山夢明実話怪談関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/63087561

この記事へのトラックバック一覧です: 〔短評〕 『恐怖箱 厭魂』 つくね乱蔵 / 竹書房文庫:

« 〔短評〕 『ポアロとグリーンショアの阿房宮』 アガサ・クリスティー、羽田詩津子 訳 / ハヤカワ文庫 | トップページ | 『目の見えない人は世界をどう見ているのか』 伊藤亜紗 / 光文社新書 »