フォト
無料ブログはココログ

« 『目の見えない人は世界をどう見ているのか』 伊藤亜紗 / 光文社新書 | トップページ | 『Comic S 早川書房創立70周年記念コミックアンソロジー★SF篇』『Comic M 早川書房創立70周年記念コミックアンソロジー★ミステリ篇』 »

2016/01/25

火を着けろ 『ベイビーステップ』(38巻) 勝木 光 / 講談社コミックス

Photoベイビーステップ』38巻。全日本選手権ベスト4、池 vs 難波江、門馬 vs 丸尾のがっちがちの試合描写もしびれるが、発売日に買った理由はそこではない。
(エーちゃんが初めてナツの家を訪ねてのラブラブ展開? でもない。違うってば!)。

気になったのは帯に白抜きの「業界騒然!!」の太い文字。何かというと、

  主人公・丸尾栄一郎&ヒロイン・鷹崎奈津がテニス用具メーカー
  「プリンス」と用具使用契約中!

  漫画『ベイビーステップ』がウエアブランド
  「エレッセ」とキャラクター使用契約中!

  3年連続「テニスの日」のイメージキャラクターとして使用決定!

ほかに協賛テニス大会テニス教室の全国展開プロジェクトなどもあるらしい。

──とてもよい試みだと思う。

本来、作品の評価とこういったプロモーションは別物で、『ワンピース』や『進撃の巨人』などすでに巷に溢れ過ぎて「コラボコラボって俺たちコラボばっかじゃねえか!」状態だが、もはやそんなことを言っていられる場合ではない。

出版不況が叫ばれて久しい。マンガについても、おそらくメジャー誌で連載されればほぼ自動的に単行本になる、そんな扱いは今後厳しくなるだろう。そもそも現在メジャーとされている雑誌だっていつまで生き残れるかわからない。

そうした中、一部の人気作にせよ、他社他業界とのコラボが実現するなら、そこには金が動き、人が動き、次世代のモチベーションにもつながるだろう。どんどん試してほしい。生き残りを競ってほしい。きれいごとに納まらないバイタリティこそマンガのレゾン・デートルだったはず。そうだろう?

« 『目の見えない人は世界をどう見ているのか』 伊藤亜紗 / 光文社新書 | トップページ | 『Comic S 早川書房創立70周年記念コミックアンソロジー★SF篇』『Comic M 早川書房創立70周年記念コミックアンソロジー★ミステリ篇』 »

コミック(作品)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/63115983

この記事へのトラックバック一覧です: 火を着けろ 『ベイビーステップ』(38巻) 勝木 光 / 講談社コミックス:

« 『目の見えない人は世界をどう見ているのか』 伊藤亜紗 / 光文社新書 | トップページ | 『Comic S 早川書房創立70周年記念コミックアンソロジー★SF篇』『Comic M 早川書房創立70周年記念コミックアンソロジー★ミステリ篇』 »