フォト
無料ブログはココログ

« 『ずっとお城で暮らしてる』 シャーリイ・ジャクスン、市田 泉 訳 / 創元推理文庫 | トップページ | 「あさが来た」原案 『小説 土佐堀川 広岡浅子の生涯』 古川智映子 / 潮文庫 »

2015/12/30

『なんでもない一日』 シャーリイ・ジャクスン、市田 泉 訳 / 創元推理文庫

Photo_2シャーリイ・ジャクスンの未発表原稿がヴァーモント州のとある納屋から発見された。亡くなって四半世紀以上が過ぎていたが、彼女の子供たちは発見された短篇に単行本未収録作品を加え、新たな作品集を編んだ。

創元推理文庫の『なんでもない一日』は、その短篇集‘Just an Ordinary Day’の一部を省き、独自に組み直した短篇集である。
『くじ』に収録されていても遜色ない不快な作品から同一のテーマをあれこれ書き直したサスペンス二題、自身の子育てを語った痛快エッセイまで、バラエティに富み、実に楽しい。
そして、自分の中のシャーリイ・ジャクスン像がオセロのように裏返っていくことに驚嘆する。
〈魔女〉と呼ばれ、オカルトに詳しく、人々の悪意を描いた、といったあおりからは世を拗ねた陰鬱な作家像を思い描きがちだが、実像は違ったのではないか。いや、作品の評価そのものを見直すべきではないか。……

つまるところ、シャーリイ・ジャクスンはサービス精神旺盛なユーモア作家なのである。グロテスクな集団暴行や怪しい幽霊屋敷を描いたとしても、それはたとえばキャンプ場の夜に子供たちに怪談を語って「ぎゃっ」「やだっ」と叫ばせ、最後には「あー怖かった」と笑わせる、そんなエンターテイメントだっのではないか。この短篇集では、完成度が低いだけに、そういった作者のスタンスが漏れ見えているような気がする。
(ちなみに邦題は『なんでもない一日』だが、扉裏の英題は‘THE SMOKING ROOM AND OTHER STORIES:A COLLECTION’となっている。その表題作にあたる「喫煙室」たるや、『くじ』や『丘の屋敷』と同じ作者によるとは思えないB級落とし噺なのである。)

そういえば『丘の屋敷』のモンタギュー夫人や『ずっとお城で暮らしてる』のチャールズの扱いは、隠微な作品の雰囲気を壊しかねないほどにドタバタしてマンガ的だった。これも実は作者の過剰なサービス精神によるものだったのかもしれない。

……などなど、シャーリイ・ジャクスンを何冊か取り上げてきた。
最後に作品の評価と関係ない、ややセンチメンタルな引用で本稿を〆たい。

本書の後半に、大枚はたいて購入したテープレコーダーがすぐ壊れ、メーカー対応も最低、という苦笑いを招くエッセイがあるのだが、その一節。

  わたしたちが感傷的に思い描いたのは、いつか遠い日の夕方、年をとって白髪になり、体の自由もきかないが、幸福にも二人きりで腰を下ろしている自分たちの姿だった。

しかし、シャーリイ・ジャクスンは48歳で亡くなり、夫とともに求める幸福な姿で「子どもたちがダンスをするところ、泳ぐところ、花火を打ち上げるところ、野球をするところ、よちよちと最初の一歩を踏み出すところ」の映像を楽しむことはできなかった。

« 『ずっとお城で暮らしてる』 シャーリイ・ジャクスン、市田 泉 訳 / 創元推理文庫 | トップページ | 「あさが来た」原案 『小説 土佐堀川 広岡浅子の生涯』 古川智映子 / 潮文庫 »

ホラー・怪奇・ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

四国の実家に帰っていたため、返答が遅くなりました。すみません。
本年もよろしくお願いいたします。

海外のホラー作家にはどちらかというと波長が合わない方が少なくないのですが、シャーリイ・ジャクスンはこの『なんでもない一日』で急に親しみと「いけてる」感を得て、以前読んだものと併せて取り上げてみました。

最近は本棚スペースの物理的な限界のため、新しいジャンルへの挑戦や既読の古い本の発掘(ちと大げさ)が困難になっており、近々大幅な大改造を目しています。・・・早い話が引越し。その雑務でなかなか本が読めません(泣

こんにちは
好きかと言われるとちょっと違うかもですが
なんとなく気になる作家です。
なぜか「くじ」「たたり」「ずっとお城で」みな読みかけ状態。
本書も出版されてすぐ買って、半分くらい読んでそのままになっていますが、
確かにユーモア作家の側面を感じますね。

そういえばジャクスン自身が「くじ」発表後の騒ぎを書いたエッセイ(講演の書き起こし)も、かなり笑える洒落た一編でした。
http://walkinon.digi2.jp/biography.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/62964812

この記事へのトラックバック一覧です: 『なんでもない一日』 シャーリイ・ジャクスン、市田 泉 訳 / 創元推理文庫:

« 『ずっとお城で暮らしてる』 シャーリイ・ジャクスン、市田 泉 訳 / 創元推理文庫 | トップページ | 「あさが来た」原案 『小説 土佐堀川 広岡浅子の生涯』 古川智映子 / 潮文庫 »