フォト
無料ブログはココログ

« 『シャーロック・ホームズとヴィクトリア朝の怪人たち 2』 ジョージ・マン 編、尾之上浩司 訳 / 扶桑社ミステリー | トップページ | 水木先生、さようなら。ありがとうございました。 »

2015/11/30

『清水町先生 井伏鱒二氏のこと』 小沼 丹 / ちくま文庫

Photo_2美味しいもの、珍しいものを静かに出しておいて、ついでにそっと舌も出す。慌てて書店に駆け込んだときにはもう手遅れ。品切れ、絶版で手に入らない。いけず、意地悪、と言わざるを得ない。
ちくま文庫のことだ。
(その癖このラインナップとくと御覧じろ、手に入れ損ねたのはお前のアンテナが鈍いせい、と言わんばかりの分厚い文庫解説をタダで配っていたりする。)

小説家の小沼丹が師と仰ぐ井伏鱒二について書いたものを集成した『清水町先生』も、気がついたときには店頭から消えていた。
のちに運よく手にした小澤書店の作品集には収録されていない。未知谷の全集には入っているが1冊12,900円といささかハードルが高い。
オンラインで古書購入ボタンをポチすれば買えるのはわかってはいるが、なんとなく、小沼丹の本はそういう出会い方はそぐわない気がしてポチできない。

踏ん切りのつかないうちに空しく数年が過ぎ、たまたまどこかの書店サイトを見ていると、復刊フェアの対象だった。
やれ嬉しや。さすがはダブルバインドちくま文庫。やはり離れられないわたし。

※ダブルバインド……二つの矛盾したコミュニケーションで気持ちを縛ること。受け手は混乱してしまい、ストレスを受けつつ相手から逃れられなくなってしまう。暴力と甘言を繰り返すDV亭主から離れられない妻、など。
 http://yakb.net/man/67.html

さて、肝心の『清水町先生』だが、200ページ余りの本文が3つの章に分かれている。
第一は、小沼の随筆中に井伏が登場するもの。相手が窮するまで挑み続ける将棋の話、名人のはずが釣果のないのを小沼が見ていたせいにする話、地蔵を持って帰ろうと言い張る話など、とぼけた口調で師を描いて読み手の腹を揺する。若い者に対するときの小沼がおそらく井伏そっくりであったろうことが伺えるあたりがまた可笑しい。第二は井伏の作品、全集に寄せられた解説で、さすがに読みは深いがいささか杓子定規。第三は瀬戸内に生まれ、画家を志望した井伏の人生と作品を生い立ちからまとめたもの。集英社の作品集に寄せられたものらしいが、井伏の愛読者ならずとも人物と時代を感じさせて読み応えあり。「滅び行くものへの哀惜の情が美しく流露された格調高い作品」とか「月日を百代の過客と看る心情と相俟つて、現代を遠く遡つた時代に結晶したもの」「初期の詩情、諧謔に富む作風と云ふものが、しだいに沈潜して、かはりに作者の人生を観る眼が深まり」など、小沼の小説や随筆ではあまり見かけない熟語の多い言葉遣いも見ものの一つ。

ユーモアとペーソスあふれる大人井伏の話はもちろんとして、ところどころに登場する太宰の風情がまたよい。よくある悲愴なキャラクターでなく、どことなく薄く、平凡、穏やかなのである。それだけに井伏らの太宰の死を惜しむ気持ちが偲ばれる(一方で、太宰の遺骸を川から担ぎ上げた編集者が匂った、というような生臭い話も胸を打つ)。

表紙の装画は小沼が井伏から貰い受けたという「むべ」。それを近所の者が「あけび」と間違える、という話が巻中にあり。「むべなるかな」の言葉どおりだなと思っていたら「むべなるかな」は天智天皇が「むべ」を食べて長生きする老夫婦に発した言葉だそうで、「むべ」の名はそれが起源との説があると知って腰が抜けた。 ← 最後の最後だけほんの少し小沼ふう

« 『シャーロック・ホームズとヴィクトリア朝の怪人たち 2』 ジョージ・マン 編、尾之上浩司 訳 / 扶桑社ミステリー | トップページ | 水木先生、さようなら。ありがとうございました。 »

小説・詩・文芸評論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/62782078

この記事へのトラックバック一覧です: 『清水町先生 井伏鱒二氏のこと』 小沼 丹 / ちくま文庫:

« 『シャーロック・ホームズとヴィクトリア朝の怪人たち 2』 ジョージ・マン 編、尾之上浩司 訳 / 扶桑社ミステリー | トップページ | 水木先生、さようなら。ありがとうございました。 »