フォト
無料ブログはココログ

« 『決してマネしないでください。(2)』 蛇蔵 / 講談社 モーニングKC | トップページ | 『ようするに、怪異ではない。』 皆藤黒助 / 角川文庫 »

2015/07/29

『監察医SAYOKO(全5巻)』 安富高史 / 秋田書店 ヤングチャンピオンコミックス

Sayoko第1巻冒頭。2コマめに描かれるのは四肢を切断された全裸女性の胴体。その目は閉じることのないよう針金で留められていた。
次の見開き。主人公小夜子の初登場シーン。結婚記念日にレストランで食事中の彼女は夫に向かい

「そのぐずぐずの水死体の腹を切ったとたん! シャコが!! こんなに大きいのがピョーンって中から!」

と楽しそうに検死解剖を語る──。

『監察医SAYOKO』の単行本が発行されたのは1996年から1998年にかけて。20年近く前の作品だ。未見だが菊川玲主演でテレビドラマ化もされたらしい。
しかし原作のコミック作品の書評はほとんど見かけないし、作者の他の作品も寡聞にして知らない。忘れられた作品と言っても過言ではないだろう。

しかし、正義感あふれる優秀な監察医でありながら外見は中学生にも間違えられる主婦──そんなヒロイン七浦小夜子のキャラクターはなかなか秀逸で、子供のような容貌とグロテスクな死体描写とのアンバランスがたまならい。

また、ストーリーも、グロ、ギャグばかりとあなどってはいけない。ミステリとしての密度、精度はかなり高いのだ。
基本的に一話完結、サイコパス、パラフイリア(異常性欲者)による猟奇事件を描き、被害者の解剖所見や毒物、爆破トリックなど小道具の描き込みも詳細かつバラエティに富む。プロファイリング、DNA鑑定、カルト教団、乖離性同一性人格障害(多重人格)など、当時旬だった話題もバランスよく取り込まれ、犯人と小夜子の一対一のシリアスな対決があったり、政治・組織的なテーマに挑んだり、なかなか飽きさせない。

筆の乗った3巻にいたっては、

「そう言えばあたし あの人達の名前も聞かなかった」
   (FILE.19 サブウェイ・マーダー)
「何が助けてくれたのかは あたしにもわからない」
   (FILE.22 ジャックの建てた家)

等、端正なミステリから意図的に踏み外した一種奇妙な味わいのエンディングが目立ち始め、さらに4巻、5巻では強大なサイコパスとの苦闘が主となり、一方1巻から小夜子とコンビを組んだ好漢が惨殺されるなど読み手を振り回す。ともかくいろいろ凄い。

Kindleやスマホのアプリなど、電子ブックでも入手できるようだ。いかにもマンガ、な絵柄には好きずきがあるかもしれないが、90年代ならではのアイテムを詰め込んだトリッキーなサイコサスペンスを読んでみたいという方には強くお奨めしたい。

« 『決してマネしないでください。(2)』 蛇蔵 / 講談社 モーニングKC | トップページ | 『ようするに、怪異ではない。』 皆藤黒助 / 角川文庫 »

コミック(作品)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/61976442

この記事へのトラックバック一覧です: 『監察医SAYOKO(全5巻)』 安富高史 / 秋田書店 ヤングチャンピオンコミックス:

« 『決してマネしないでください。(2)』 蛇蔵 / 講談社 モーニングKC | トップページ | 『ようするに、怪異ではない。』 皆藤黒助 / 角川文庫 »