フォト
無料ブログはココログ

« 『べにはこべ』 バロネス・オルツィ、村岡花子 訳 / 河出文庫 | トップページ | 『決してマネしないでください。(2)』 蛇蔵 / 講談社 モーニングKC »

2015/07/16

『ふるぎぬや紋様帳<一>』 波津彬子 / 小学館 フラワーコミックススペシャル

Photoインテリア事務所に勤める伊都子は、箱いっぱいの祖母の遺品を送られて困り果てる。彼女には着物についての知識も、着こなす趣味もないのだ。やむなく処分しようと紹介された古着屋に赴くが、その途上一匹の猫が現れて……。

幻の古物商を舞台に登場人物が幽冥界を行きつ戻りつ、懐かしい人物と夢に巡り合ったり、いにしえのすれ違う思いの悲しみを味わったり。これではまるで作者の代表作『雨柳堂夢咄』シリーズの粗筋だ。猫が媒介となって不思議が起こるというくくりでは少し前の『女神さまと私』シリーズのようでもある。──否、波津彬子に限り、そんなことは大した問題ではない。
読み手はよい銘柄のワインを楽しむように、あやかしのひと時をただ味わえばよい。古酒はときに苦く、ときには甘い。

繰り返されても飽きることのない淡い白昼夢のごとき展開、時のフィルター越しに描かれる激しい愛憎、それを彩る軽妙なユーモアと和漢洋のアンティークたち。
波津彬子の作品はたいてい連作短編の形で提供され、この二十年余り遡ってもおおむねはずれはない。

ただ少し厄介なのが作品タイトルで、『異国の花守』の続巻が『異国の花守 花の聲』でその合本が文庫『異国の花守』──というのはまああり得るレベルだが、「うるわしの英国」シリーズ、単行本では『月の出をまって』『中国の鳥』『空中楼閣の住人』『花々のゆううつ』『扉をあける風』の5冊が文庫では『猫は秘密の場所にいる』のタイトルで3巻、などというのは知らないと途方に暮れる。
ちなみに知名度では『雨柳堂夢咄』ほどではないかもしれないが、『異国の花守』も「うるわしの英国」シリーズも、読み応えはとびきりだ。

« 『べにはこべ』 バロネス・オルツィ、村岡花子 訳 / 河出文庫 | トップページ | 『決してマネしないでください。(2)』 蛇蔵 / 講談社 モーニングKC »

コミック(作品)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/61893405

この記事へのトラックバック一覧です: 『ふるぎぬや紋様帳<一>』 波津彬子 / 小学館 フラワーコミックススペシャル:

« 『べにはこべ』 バロネス・オルツィ、村岡花子 訳 / 河出文庫 | トップページ | 『決してマネしないでください。(2)』 蛇蔵 / 講談社 モーニングKC »