フォト
無料ブログはココログ

« うんこの尺玉花火 『うんこがへんないきもの』 早川いくを / アスキー・メディアワークス | トップページ | 通底する生態系 『黒い破壊者 宇宙生命SF傑作選』 A・E・ヴァン・ヴォークト、R・F・ヤング=他、中村 融=編 / 創元SF文庫 »

2015/02/25

終生忘るなし 『とめはねっ! 鈴里高校書道部 (13)』 河合克敏 / 小学館 ヤングサンデーコミックス

13(『とめはねっ!』の13巻が発売されたのは2か月ばかり前だが、予告に次巻で終筆とあり。最終巻が出る前にもう一度取り上げておきたい。)

微温にだらだら続くギャグマンガの作法をあっさり蹴り出して、鈴里高校、鵠沼学園に豊後高校の一条を加えた合同夏合宿がじわじわ熱い。
「書の甲子園」参加を最後に柔道部に専念することになったもっちー、そのもっちーへの一条の告白受けて、ガチャピンユカリはどうする、どうなる。「書の甲子園」の結果は。

そんな本巻の後半を厳しく締めるのが、ユカリたちの師、三浦清風(表紙左)が若い頃に圧倒されたという書家井上有一(1916-1985)の書「噫横川国民学校」。
これは東京大空襲(1945年3月)の際、横川国民学校の教師をしていた井上が、教え子を含む千人以上が焼夷弾に焼け死に、自身も九死に一生を得た記憶を書に叩きつけたもので、読めずとも苛烈、読んでしまうともはや息もつまる凄惨さである。芸術性は知らず、これに比べればピカソの「ゲルニカ」さえおよそ牧歌的だ。

« うんこの尺玉花火 『うんこがへんないきもの』 早川いくを / アスキー・メディアワークス | トップページ | 通底する生態系 『黒い破壊者 宇宙生命SF傑作選』 A・E・ヴァン・ヴォークト、R・F・ヤング=他、中村 融=編 / 創元SF文庫 »

コミック(作品)」カテゴリの記事

コメント

子は親にすがって親をよべ共
親の応えは呻き声のみ
全員一千折り重なり
教室校庭に焼き殺さる

白骨死体如火葬場生焼女人全裸
腹裂胎児露出 悲惨極此
    (「噫横川国民学校」部分)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/61191582

この記事へのトラックバック一覧です: 終生忘るなし 『とめはねっ! 鈴里高校書道部 (13)』 河合克敏 / 小学館 ヤングサンデーコミックス:

« うんこの尺玉花火 『うんこがへんないきもの』 早川いくを / アスキー・メディアワークス | トップページ | 通底する生態系 『黒い破壊者 宇宙生命SF傑作選』 A・E・ヴァン・ヴォークト、R・F・ヤング=他、中村 融=編 / 創元SF文庫 »