フォト
無料ブログはココログ

« 髪を梳いてください 『最初の舞踏会 ホラー短編集3』 平岡 敦 編訳 / 岩波少年文庫 | トップページ | 許さない逃がさない離さない 『異神変奏 時をめぐる旅』 近藤ようこ / KADOKAWA 幽COMICS »

2014/12/20

ファブリーズで除霊しましょう 『胸の火は消えず』 メイ・シンクレア、南條竹則 編訳 / 創元推理文庫

Photo_2ブロンテ姉妹の研究や文芸作法における「意識の流れ」という言葉を初めて使ったことで知られるメイ・シンクレアの怪奇短篇集。

前後のイギリスの女流作家の生没年を少し調べてみた。

 メアリー・シェリー(1797-1851)、『フランケンシュタイン』
 シャーロット・ブロンテ(1816-1855)、『ジェーン・エア』
 エミリー・ブロンテ(1818-1848)、『嵐が丘』
 メイ・シンクレア(1863-1946)
 ヴァージニア・ウルフ(1882-1941)、『ダロウェイ夫人』『灯台へ』
 キャサリン・マンスフィールド(1888-1923)、『園遊会』
 アガサ・クリスティ(1890-1976)、『アクロイド殺し』

なるほど、作者がゴシックからモダニズム、フェミニズムへの橋渡しの時代に位置していたことがうかがえる。

本書の収録作においても、いかにもゴシックな轟々たる悪鬼怨霊の類より、霊が現れるにいたった人間の欲望、狂気のほうが主軸に描かれる(現在でいうところのストーカーや超能力者も登場する)。
往々にして女性は冷静かつ知性的、男は傲岸だがその実怯懦、小心者。
なかには霊界の住人と哲学的、神秘主義的な会話を交わすだけの作品もあれば、死んだ妻とことをなすお話もあり(たいそう情熱的なものらしい)、それら端境期のさまざまな創意のバリエーションを楽しむべき集成のようにも思われる。

しかし。そこまで理屈で俯瞰して、なお一種なんともいえない、ガラスを金属でこすった音のあの生理的嫌悪感が残る。
本書に描かれる生者、死者、とくに女性の多くはナイーブで純朴だ。
それでもかすかに腐臭はする。どこかに、腐肉がぽたりと落ちているのだ。

« 髪を梳いてください 『最初の舞踏会 ホラー短編集3』 平岡 敦 編訳 / 岩波少年文庫 | トップページ | 許さない逃がさない離さない 『異神変奏 時をめぐる旅』 近藤ようこ / KADOKAWA 幽COMICS »

ホラー・怪奇・ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/60836363

この記事へのトラックバック一覧です: ファブリーズで除霊しましょう 『胸の火は消えず』 メイ・シンクレア、南條竹則 編訳 / 創元推理文庫:

« 髪を梳いてください 『最初の舞踏会 ホラー短編集3』 平岡 敦 編訳 / 岩波少年文庫 | トップページ | 許さない逃がさない離さない 『異神変奏 時をめぐる旅』 近藤ようこ / KADOKAWA 幽COMICS »