フォト
無料ブログはココログ

« ファブリーズで除霊しましょう 『胸の火は消えず』 メイ・シンクレア、南條竹則 編訳 / 創元推理文庫 | トップページ | 1000年くらいは誤差だ 『決してマネしないでください。(1)』 蛇蔵 / 講談社 モーニングKC »

2014/12/29

許さない逃がさない離さない 『異神変奏 時をめぐる旅』 近藤ようこ / KADOKAWA 幽COMICS

Photo世評に高い『五色の舟』を求めて書店に赴いたがあいにく見あたらず、二軒めでたまたま目についた同じ作者の『異神変奏 時をめぐる旅』を購入して帰った。

一読、思わず声を上げる。素晴らしい。

「三方のヒメ」の呪いを受けた「黒女(クロメ)」と「真足(マタリ)」。二人は、現代から戦中、平安…と輪廻の螺旋の中、何度も生まれ変わっては出会い、出会い、そのたび周囲に望まぬ不幸を巻き散らしていく。

この、時を統べる深いうねり、茫漠、哀切な感興は、手塚治虫の『火の鳥』に勝るとも劣らない。強いて比較すれば、近いはあの「復活編」あたりだろうか。

近藤ようこはあるときは中世(平安、鎌倉期)の残虐怪異な奇譚を描き、あるときは現代女性の空疎な命運を切り据える。ベタやスクリーントーンを用いない淡白な手描き画風ゆえ、軽く流したごとく見えなくもないが、一つひとつの作品はしなやかで「はずれ」がない。
本『異神変奏』は、常に一定の水準を保つ近藤作品の中でも、珍しくストーリーに太い芯の通った、強く鮮やかな連作であるように思う。

また、異形の面を持つ予言者が物語の契機であり時のやり直しが帰結であるという点で、本書は『五色の舟』のバリエーションともいえる。
いや、津原泰水による「五色の舟」が河出文庫『NOVA2』に掲載されたのが2010年7月、『異神変奏』の最初の一篇が「月刊flowers 凛花」に掲載されたのが同じ年の10月であることを考えれば、正しく津原の「五色の舟」に呼応するのは、そのコミック版『五色の舟』でなく『異神変奏』のほうではないか。

11『11』 津原泰水 / 河出文庫

Photo_2

『五色の舟』 近藤ようこ / エンターブレイン ビームコミックス

« ファブリーズで除霊しましょう 『胸の火は消えず』 メイ・シンクレア、南條竹則 編訳 / 創元推理文庫 | トップページ | 1000年くらいは誤差だ 『決してマネしないでください。(1)』 蛇蔵 / 講談社 モーニングKC »

コミック(作品)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/60882579

この記事へのトラックバック一覧です: 許さない逃がさない離さない 『異神変奏 時をめぐる旅』 近藤ようこ / KADOKAWA 幽COMICS:

« ファブリーズで除霊しましょう 『胸の火は消えず』 メイ・シンクレア、南條竹則 編訳 / 創元推理文庫 | トップページ | 1000年くらいは誤差だ 『決してマネしないでください。(1)』 蛇蔵 / 講談社 モーニングKC »