フォト
無料ブログはココログ

« クラインの… 『辻』 古井由吉 / 新潮文庫 | トップページ | 基板萌え〜 『ハルロック(1)』 西餅 / 講談社 モーニングKC »

2014/09/30

実現をまっている無数の 『ドミトリーともきんす』 高野文子 / 中央公論社

Photoとも子さんとその娘のきん子さんが住んでいる「ドミトリーともきんす」の2階には、科学を勉強する4人の学生たち(朝永振一郎君、牧野富太郎君、中谷宇吉郎君、湯川秀樹君)が仲良く寮生活を送っています。
彼らはとも子さんがコーヒーをいれると、雪が降ると、チューリップにツボミがつくと、外国からお客さんがくると、すたすた階段を降りてきてとも子さん、きん子さんと科学を語ります。

──なんていう紹介では、この作品の雰囲気はきっとわかっていただけませんね。
ぜひご自身で手に取って、一篇二篇読んでみてください。驚きます。嬉しくなる、かもしれません。

作者は自然科学の本を紹介する作品なので、と、気持ちの込もらない線を心がけ、製図ペンを選んだのだそうです。そのため、よくある学習マンガのタッチとも、また違います。
ドミトリーともきんすの室内はソフトに幾何学的だし、白っぽい画面にはほとんど影がありません。ここは抽象的な空間なのです。
それでも、そこは高野文子、ナイーブな線やアングルは健在です。

朝永君はちょっとイケメン。牧野君は横山光輝描くところの忍者みたい。そういえば中谷君はフイチンさんに似ているかな。湯川君は、心根の優しい(でもどこか上の空な)のび太君のようです。
また、植物学の牧野君の言葉遣いは他の3人とはまるで違いますし、同じ物理学でも雪の結晶の研究で知られる中谷君の興味は理論物理学の2人とまた異なるようです。

各章の終わりでは、とも子さんがそれぞれの科学者の書いた本から一節を紹介します。科学を突き詰めると言葉は静かに厚みを増すのでしょうか?

そうそう、おまけのようにこっそり巻頭と巻末を飾る「球面世界」と「Tさん(東京在住)は、この夏、盆踊りが、おどりたい。」の2作ですが、これはもう体がクラインの壺と化してくるりんと裏返りそうな、それはもう素敵にヘンテコリンな作品です。
本篇には失礼だけど、本書は、この2作のためだけでも買う価値があります。本当です。

書店で探す際は、普通のマンガ単行本よりずっと大きい(週刊誌と同じ)ので気をつけてください。背表紙は水色です。

« クラインの… 『辻』 古井由吉 / 新潮文庫 | トップページ | 基板萌え〜 『ハルロック(1)』 西餅 / 講談社 モーニングKC »

コミック(作品)」カテゴリの記事

サイエンス・自然・SF」カテゴリの記事

コメント

ドミトリーともきんすの玄関扉は32ページでは「内開き」になっていて、靴のまま出入りするカットに合致しています(40ページには靴を脱いで上がる和室が見えます)。
ところが72ページでは同じ玄関が「外開き」になっているようです。はて?
ドミトリーともきんすは北海道の山小屋がモデルとのことですから、内開きのほうがいいかもしれません。外に雪が積もったら開かなくなってしまいますからね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/60397148

この記事へのトラックバック一覧です: 実現をまっている無数の 『ドミトリーともきんす』 高野文子 / 中央公論社:

« クラインの… 『辻』 古井由吉 / 新潮文庫 | トップページ | 基板萌え〜 『ハルロック(1)』 西餅 / 講談社 モーニングKC »