フォト
無料ブログはココログ

« 『白異本』 外薗昌也 / 廣済堂モノノケ文庫 | トップページ | 撃ち落とす 『銀翼のイカロス』 池井戸 潤 / ダイヤモンド社 »

2014/09/07

夢落下周遊 『足摺り水族館』 panpanya / 1月と7月

Photo「panpanya」は作者名で、「1月と7月」が発行元。

『足摺り水族館』は、作者のpanpanya氏が手作業で制作した作品集を再構成したもの。

いずれの短編でも、主人公の少女は日常からどこかの角でうっかり異界に足を踏み入れてしまう。
クレヨンを走らせたような太い線、すっきりしたペン画が入り混じり、どのページもぼわっと大雑把な印象。にもかかわらず、よく見ればキャラクターのきりっとした表情やマグリット風の背景描写は巧みで豊か。

水木しげるの初期の怪異譚やつげ義春の一連の夢日記(窓から夜がぬーっと入ってきたり、穴にはまり込んで進むことも戻ることもできなくなったりする、あの薄墨色の作品群だ)に似てなくもないが、こちらは主人公の少女が慄きも慌てふためきもせず淡々とその世界を歩き、奇態な住人や得体のしれない生き物たちと静かに会話を交わす。

ですます調の中にときどきこぼれる

  まあ案内にはしたがう
  べきだろうな

とか

  あすこに集まって
  ゆくようだぞ

といった伝法な言葉遣いも清々しい。麻布の心地よさ。

不思議な夢を見るにも心のストレッチが必要で、油切れした寝入りではなかなか柔らかな夢を見ることはできない。ましてこういった作品に仕上げるのはさぞかし大変に違いない。
広い需要があるか否かはしれないが、魚の夢を求める人には一つひとつのページが愛おしいものとなるに違いない。胸に載せてお昼寝しよう。

« 『白異本』 外薗昌也 / 廣済堂モノノケ文庫 | トップページ | 撃ち落とす 『銀翼のイカロス』 池井戸 潤 / ダイヤモンド社 »

コミック(作品)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/60273264

この記事へのトラックバック一覧です: 夢落下周遊 『足摺り水族館』 panpanya / 1月と7月:

« 『白異本』 外薗昌也 / 廣済堂モノノケ文庫 | トップページ | 撃ち落とす 『銀翼のイカロス』 池井戸 潤 / ダイヤモンド社 »