フォト
無料ブログはココログ

« ご安全に! 『いちえふ 福島第一原子力発電所労働記』(1巻) 竜田一人 / 講談社 モーニングKC | トップページ | 夢落下周遊 『足摺り水族館』 panpanya / 1月と7月 »

2014/08/20

『白異本』 外薗昌也 / 廣済堂モノノケ文庫

Photo高校生が電車のドアのところにたむろって、奇声をあげているような本。

著者は自身を〈心霊否定派〉と言い放ち、「幽霊、妖怪、神仏の類いは一ミリも信じていない」と断言する。しかし、その一方でやれ怪談本にとりかかるとパソコンが固まった! 家族が肩こりになった! 担当編集者がまた体調不良に! と、何かにつけて「怪異だ、怪異だ」と騒ぎたてる。普通はそういう輩を〈心霊肯定派〉というのではなかったか。

このシリーズは『赤異本』『黒異本』に続いて今回『白異本』なのだが、赤不浄、黒不浄、白不浄という言葉があり、それぞれ経血、死、出産を神様が嫌うという意味があると知ればそれを偶然だ! さらに堕胎にかかわる怪異譚が届けば「白異本に白不浄の話が届いた!」と仰天する。とはいえそこまで驚かなくても、血、死、水子は古くから怪談の定番で、実話怪談本ならかなりの高率で出てくるものだ。

つまるところ、本書ではかなりのボリュームが、著者本人の「この話怖い! この本怖い!」という自画自賛で埋まっている。TVのワイドショーでひな壇のタレントが「このギャグ面白い! この番組面白い!」とはしゃいでいるのに近い。あれは見苦しい。
(既刊本の感想を綴ったネット上の書き込みの羅列で埋められた章さえある。Twitterからの無断転載は一般に禁じられており(出版物が発行延期となった例もある)、掲載にあたって発言者の許可は得ているのだろうが、個々のtweetにアカウントが掲載されていないのには違和感を感じる。編集マナーとして、少なくともアカウントと日付は掲載すべきと思うのだが……。)

なお、著者の名誉のために付け加えておくなら、既刊の『赤異本』『黒異本』は近年の実話怪談モノとしては新味かつかなり面白いほうだといえる。今回はほかの本で既出の題材もあったりで、要はネタ切れなのかもしれない。

« ご安全に! 『いちえふ 福島第一原子力発電所労働記』(1巻) 竜田一人 / 講談社 モーニングKC | トップページ | 夢落下周遊 『足摺り水族館』 panpanya / 1月と7月 »

ホラー・怪奇・ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/60178484

この記事へのトラックバック一覧です: 『白異本』 外薗昌也 / 廣済堂モノノケ文庫:

« ご安全に! 『いちえふ 福島第一原子力発電所労働記』(1巻) 竜田一人 / 講談社 モーニングKC | トップページ | 夢落下周遊 『足摺り水族館』 panpanya / 1月と7月 »