フォト
無料ブログはココログ

« わたしはこの世界から消えるはず 『俺の心臓は彼女にしか撃ち抜けない』 西森博之 / 小学館文庫 | トップページ | Die versunkene Glocke 『メディアの苦悩 28人の証言』 長澤秀行 編著 / 光文社新書 »

2014/05/28

悪酔いトラップス 『魔術師(上・下)』 ジョン・ファウルズ、小笠原豊樹 訳 / 河出文庫

Photo_3蝶コレクターの青年が若い女性を誘拐、監禁する映画『コレクター』(1965年、ウィリアム・ワイラー監督)の原作で知られるイギリスの作家ジョン・ファウルズの小説第2作。
久しく品切れで、やむを得ずAmazon経由で古書を注文した。

セクシーな恋人アリスンを捨て、英語教師としてギリシャの島に渡った主人公の青年ニコラス・アーフェ。その島の別荘で出会った裕福な老人モーリス・コンヒスは、途方もない手間をかけてニコラスの前に劇、劇中劇、劇中劇中劇を仕掛けてくる。ニコラスの恋人役を演ずる美しい双子の姉妹の言葉も二転三転翻る。はたしてコンヒスの目的は。本当の真実は。

頓狂な例えだが、要は「自由」と「裏切り」という2つのテーマを柱に、スヴィドリガイロフ風な魔人とそれに翻弄される若者を配置し、ダボスのように閉ざされた空間で主人公の独白と怪人のレクチャーを数限りなく織り重ねたような長編。
ちなみにミステリ小説のように明確な解があるわけではない。

恋人アリスンとの出会いから別れ、老人との出会いを描いた上巻はやや冗漫、一方、下巻はやり過ぎと言うも空しいジェットコースター的怒涛の展開で、筋を追うだけで船酔いならぬ本酔いを誘う。長編好きならこのグロテスクな酩酊感を味わうためだけで読んで損はないだろう。

ただ、きらびやかな挿話やアフォリズムが今ひとつ心の深いところに刺さらないのは、主人公がオックスフォード卒の気取った文学青年、階級意識丸出し、男尊女卑の身勝手君という設定だからだろうか。
罠を仕掛ける謎の老人の手練手管にとことん付き合ってしまうのは自身の見栄とプライドのためである。要は、作品も登場人物も(老人役のコンヒスさえ)若いのだ。

様々な価値観が崩壊した──ということになっている近頃の純文学の主人公なら、もう少し世代や階級意識などは振り切っており(振り切ったことをウリにしており)、女にフラれようが年長者にコケにされようがそれはそれと認めてしまい、逃げ出すことだって構えず観客に徹することだって可能だったろう。こんなにまで蜘蛛の巣にからめとられることはなかったに違いない。
一口に言えば恥をかくのを避けようとして、さらに赤っ恥をかかされた、そういうことだ。大した話ではない。

Photo_2たとえば、下巻、奇妙な仮面裁判の後、ニコラスがある行為を自制する場面がある。
彼をその行為から押し留め、さらに続くシーンで目をそらすのはイギリス人としての彼の硬直した選民意識やプライドのためだろう。いいじゃないか、気にせずじゃんじゃん裁き、がんがん覗き込み、語ってしまえば。それが「参加」ということではないか。

こういった頭でっかちゆえの難点は、書かれたのが第二次大戦直後でそれから年月が経っているため……だろうか?
いや『罪と罰』や『魔の山』が書かれたのはこの作品より以前だけれど、本筋のところではさほど古ぼけた印象はない。
「理に聡い」イギリス文学の悪い面が出たか、という気もする。あるいは、ストーリーテラーとしては一流でも、思想家としては凡庸、とでも言おうか。コンヒスがニコラスを連れて行こうとした先が、終盤、リリー・デシータス夫人が語るようなものであったなら、それは文学の世界ではもう手垢のついた、古い靴下に過ぎない。

それでも──しつこいようだが、下巻の展開、あるいはラスト数ページの喪失感たるや壮絶だ。
主人公に親近感は持てないが、それでも届くものがあることは否定しない。
砂漠に捨て置かれるより恐ろしいことは、ある。

« わたしはこの世界から消えるはず 『俺の心臓は彼女にしか撃ち抜けない』 西森博之 / 小学館文庫 | トップページ | Die versunkene Glocke 『メディアの苦悩 28人の証言』 長澤秀行 編著 / 光文社新書 »

小説・詩・文芸評論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/59717006

この記事へのトラックバック一覧です: 悪酔いトラップス 『魔術師(上・下)』 ジョン・ファウルズ、小笠原豊樹 訳 / 河出文庫:

« わたしはこの世界から消えるはず 『俺の心臓は彼女にしか撃ち抜けない』 西森博之 / 小学館文庫 | トップページ | Die versunkene Glocke 『メディアの苦悩 28人の証言』 長澤秀行 編著 / 光文社新書 »