フォト
無料ブログはココログ

« 最近読んだコミックスから 『瞬きのソーニャ』(2巻) 弓月 光 / 集英社ヤングジャンプ・コミックス | トップページ | 『ウミウシ学 海の宝石、その謎を探る』 平野義明 / 東海大学出版会 »

2014/03/24

せんよ 言わんよ 『うちの妻ってどうでしょう?(6)』 福満しげゆき / 双葉社 ACTION COMICS

Photoマンガの連載が続くと、例えば、こう…詳しくは書きませんが、登場人物の顔が変わってくることがあるじゃないですか。なんか顔が細長くなったり、劇画みたいな細い線でしゃっしゃっと影がついたりして。例えばの話ですよ? でもこっちは最初の頃のカワイくて何を考えているのかわからない妻がよかったりするとしまして。で…新刊が出ると、妻の顔が違うわけです。内容も、コミュ障とかいっていかにも毎日傷ついて……いや! 待て! 本当にそうでしょうか! まあコミュ障なのは本当とします。でも、それで子供も二人いて一戸建てまで買ってしまうのはどうでしょう。そんな新刊を買ってしまって内心ハラワタが煮えくり返るということはないですか?

……と、今回は福満しげゆき調で押し通してみようかと思ったが、けっこう体力を消耗するのでやめた。

それにしても福満しげゆき。一コマで誰の作品かすぐ特定できる。いわゆる「文体」をもっているわけである。小説家でいえば冒頭の3行で特定できるレベル。もう亡くなった作家を含めても野坂昭如、星新一、宇能鴻一郎、庄司薫……そうたくさんはいないような気がする。
ちなみに、福満の文体はマンガに限らない。あとがき数ページ、いや、とりのなん子のパロディ作の欄外にほんの数行書いてもきっちり福満だ。そのあたりがすごい。

ところで、以前、女流マンガ家の作品に自宅建築を扱った作品が多いのは、彼女たちならではの「無頼」の現れなのではないかと書いたことがある。
かつて文人たちが酒にひたり、女に溺れ、放蕩、破滅をうそぶいてみせたように、現在の女流マンガ家たちは不安定な収入、不規則多忙な生活の中で家を建てるという無理無茶無謀をしでかしてみせる。「家宅の人」となる。それを描く。そして作家としての心のバランスを取る、等々。

そこで福満だ。今回の『うちの妻ってどうでしょう?』でも作者が一戸建てを買うにいたるいきさつが描かれている。そこで「事故物件」に手を出すあたり、マイルドになってもさすがは福満! と思ってみたりするのだが……どうでしょう。どうですか?

« 最近読んだコミックスから 『瞬きのソーニャ』(2巻) 弓月 光 / 集英社ヤングジャンプ・コミックス | トップページ | 『ウミウシ学 海の宝石、その謎を探る』 平野義明 / 東海大学出版会 »

コミック(作品)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/59345770

この記事へのトラックバック一覧です: せんよ 言わんよ 『うちの妻ってどうでしょう?(6)』 福満しげゆき / 双葉社 ACTION COMICS:

« 最近読んだコミックスから 『瞬きのソーニャ』(2巻) 弓月 光 / 集英社ヤングジャンプ・コミックス | トップページ | 『ウミウシ学 海の宝石、その謎を探る』 平野義明 / 東海大学出版会 »