フォト
無料ブログはココログ

« 一所懸命。 『千年ジュリエット』 初野 晴 / 角川文庫 | トップページ | 退かぬ!媚びぬ!省みぬ! 『北斗の拳 イチゴ味(1)』 原案 武論尊・原哲夫、シナリオ、河田雄志、作画 行徒妹 / 徳間書店 ゼノンコミックス »

2013/12/14

退治しなくていいから! 『瓜子姫の夜・シンデレラの朝』 諸星大二郎 / 朝日新聞出版 Nemuki+コミックス

Photo日本の民話から「瓜子姫とアマンジャク」、「見るなの座敷」、
グリム童話から「シンデレラの沓」、「悪魔の煤けた相棒」、
中国、『聊斎志異』から「竹青」。
いずれも、元の民話や童話とはかけ離れた珍妙な世界がころがり出る。

もともとはっきりしないところの多い瓜子姫の話には何か伝奇系のマンガ家を呼び寄せるフェロモンがあるのか、同じ諸星大二郎の『妖怪ハンター』シリーズに「幻の木」、「川上よりきたりて」、星野之宣『宗像教授伝奇考』にも「瓜子姫殺人事件」がある。どれもこれも描き手が陽光の元に出せない影があり、闇の匂いがある。
新作「瓜子姫とアマンジャク」はそれらに比べるとただ民話風の話作りを愉しんだような作柄で、凛とした女の子が空を飛び、無茶を言うならジブリからアニメ化されてもおかしくはない。

原作をまったく無視して遊び尽くした「シンデレラの沓」は頓狂な展開がただもう楽しく愛おしく、一方「竹青」は中国を舞台にしながら「益荒男ぶり手弱女ぶり」という言葉を想起させるきりりとした剣劇。少なくともどことなく上から目線の太宰の「竹青」なんかよりよほどシンプルで好もしい。

« 一所懸命。 『千年ジュリエット』 初野 晴 / 角川文庫 | トップページ | 退かぬ!媚びぬ!省みぬ! 『北斗の拳 イチゴ味(1)』 原案 武論尊・原哲夫、シナリオ、河田雄志、作画 行徒妹 / 徳間書店 ゼノンコミックス »

コミック(作品)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/58751489

この記事へのトラックバック一覧です: 退治しなくていいから! 『瓜子姫の夜・シンデレラの朝』 諸星大二郎 / 朝日新聞出版 Nemuki+コミックス:

« 一所懸命。 『千年ジュリエット』 初野 晴 / 角川文庫 | トップページ | 退かぬ!媚びぬ!省みぬ! 『北斗の拳 イチゴ味(1)』 原案 武論尊・原哲夫、シナリオ、河田雄志、作画 行徒妹 / 徳間書店 ゼノンコミックス »