フォト
無料ブログはココログ

« ミスディレクテッド。 『ロイストン事件』 D.M.ディヴァイン、野中千恵子 訳 / 現代教養文庫 | トップページ | あさりよしとお祭り その1 『まんがサイエンスXIV』 学研マーケティング ノーラコミックスDELUXE »

2013/10/07

倍返し利子付きティッシュ付き 『オレたちバブル入行組』 池井戸 潤 / 文春文庫

Photo断るまでもなくTBSドラマ『半沢直樹』の原作である。
『家政婦のミタ』にも『あまちゃん』にも乗り損ねた亭主の身としては、せめて家族の団欒に取り残されまいと必死の追走。『あまちゃん』総集編も録画予約はばっちりだ。

で、小説『オレたちバブル入行組』だが、バブル期に大手銀行に就職した主人公が、不良債権の責任を押し付ける上司の悪巧みを見事はねのけるという、まあ会社人にはたまらない痛快活劇(ちゃんばら)である。ピンチと逆襲が繰り返されるテンポもいい。

驚いたことに、ドラマの番宣で紹介された名シーンのいくつかはほぼ原作そのままだ。
ドラマ『半沢直樹』は(一部のキーパーソンは除き)かなり原作に忠実に作られている、ということであり、原作が十分面白いなら、迂闊に話をこしらえず、原作の妙味をそのまま皿に出したほうが視聴率を取れるということかもしれない。
もちろんよくできた原作をもってくればヒット、などという簡単な話でもなく、今回は脚本の面白さ、役者たちのはまり演技、「倍返し」なるわかりやすいキャッチコピー、『水戸黄門』がなくなって勧善懲悪ドラマに飢えたお父さんたちのテレビドラマ回帰、などなどさまざまな条件が重なってのことだったのだろう。ここで似たような脚本作り、似たような役者集めをしたからといって……いやだからそうやって柳の下ばかり探すからダメなんだって。
いずれにせよ、『半沢直樹』の二番煎じはそれはそれで難しいに違いない。『古畑任三郎』のパクリといえるほどのものが実際は存在しないように。

ところで、もし半沢直樹のようにむき出しの人物が会社に実在したなら、いくら有能でも、「使いづらい」との評価を受けるのが普通ではないだろうか。その限りでは、面白さを優先して、リアリティが削がれているようにも感じられた。
そもそも外に向かって「莫迦」だの「間抜け」だの、ほかの行員のいるところで土下座だの、言い過ぎやり過ぎはリーマンとしてはマズいでしょう。

また、本書では西大阪スチールなる会社の社長が粉飾決算、偽装倒産、隠し財産と重ねて半沢を欺こうとするのだが、その手口の細かいところが今ひとつヌルいといえばヌルい。かつての『ナニワ金融道』なら貸し手と借り手の攻防はもっとシビアだった。そう記憶しているのだが、どないや灰原。

« ミスディレクテッド。 『ロイストン事件』 D.M.ディヴァイン、野中千恵子 訳 / 現代教養文庫 | トップページ | あさりよしとお祭り その1 『まんがサイエンスXIV』 学研マーケティング ノーラコミックスDELUXE »

小説・詩・文芸評論」カテゴリの記事

コメント

画面配置が乱れている。なぜだろう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/58335761

この記事へのトラックバック一覧です: 倍返し利子付きティッシュ付き 『オレたちバブル入行組』 池井戸 潤 / 文春文庫:

« ミスディレクテッド。 『ロイストン事件』 D.M.ディヴァイン、野中千恵子 訳 / 現代教養文庫 | トップページ | あさりよしとお祭り その1 『まんがサイエンスXIV』 学研マーケティング ノーラコミックスDELUXE »