フォト
無料ブログはココログ

« 胸におかれた蛇 『毒の目覚め(上・下)』 S・J・ボルトン、法村里絵 訳 / 創元推理文庫 | トップページ | 世界は美しい。しかし… 『退出ゲーム』『初恋ソムリエ』『空想オルガン』 初野 晴 / 角川文庫 »

2013/01/25

もう終わり 『ケサラン・パサラン』(2巻) 山岸凉子 / メディアファクトリー(MFコミックス)

Photo 前回紹介したとき「先読めず」と書いたが、先も何も2巻でもう完結。
 なにしろ1巻の帯が
   山岸凉子 最新作スタート!
で2巻が
   山岸凉子 最新作完結巻!
である。ビックリマークもびっくりだ。それも、飼いネコについて綴った読み切り40ページを加えての1冊なので、実質2冊もたなかったことになる。

 内容的にも、自宅建築を思い立ったイラストレーター兼エッセイスト由良子がデザイナーや方位鑑定の指摘に右往左往、というだけで、とくに膨らみはない。作者得意のエキセントリックなキャラクターの魅力にも欠ける。

 そもそも、なぜ、「」なのか。
 実は女流マンガ家の作品で、自宅建築はちょっとしたトレンドだ。
   伊藤理佐『やっちまったよ一戸建て!!』
   山下和美『数寄です!』
   内田春菊『ほんとに建つのかな』
 このほか、秋本尚美、うぐいすみつるらにも自身で家を建てるという内容の作品があるようだ。

 ふと、これは彼女たちならではの「無頼」の現れなのではないか──と考えてみる。
 かつて文人たちが酒にひたり、女に溺れ、放蕩、破滅をうそぶいてみせたように、現在の女流マンガ家たちは不安定な収入、不規則多忙な生活の中で家を建てるという無理無茶無謀をしでかしてみせる。「家宅の人」となる。それを描く。そして作家としての心のバランスを取る(何と?)。

 「家を建てる」マンガの多くは、サービス精神のふりをしながら、実はそういった作者の「我」が剝き出しになっている気がしてならない。そしてそのためだろう、大半が、つまらない。

« 胸におかれた蛇 『毒の目覚め(上・下)』 S・J・ボルトン、法村里絵 訳 / 創元推理文庫 | トップページ | 世界は美しい。しかし… 『退出ゲーム』『初恋ソムリエ』『空想オルガン』 初野 晴 / 角川文庫 »

コミック(作品)」カテゴリの記事

コメント

まるさん、確かにご指摘のとおりですね。
気がついておりませんでした。

ただ、全2巻予定で「最新作スタート!」はどうだろう、とやはり思います。
もっと短く切り詰めるか、逆に長くして内容を深めるか、、、

1巻の帯の後ろに全2巻予定って書いてありますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/56620959

この記事へのトラックバック一覧です: もう終わり 『ケサラン・パサラン』(2巻) 山岸凉子 / メディアファクトリー(MFコミックス):

« 胸におかれた蛇 『毒の目覚め(上・下)』 S・J・ボルトン、法村里絵 訳 / 創元推理文庫 | トップページ | 世界は美しい。しかし… 『退出ゲーム』『初恋ソムリエ』『空想オルガン』 初野 晴 / 角川文庫 »