フォト
無料ブログはココログ

« 自分探しの旅、今、昔 『眺めのいい部屋』 E.M.フォースター、西崎 憲・中島朋子 訳 / ちくま文庫 | トップページ | 暗い熾火 『小沢さとる未収録短編集 トランキッド』 小沢さとる / パンローリング社マンガショップシリーズ »

2012/11/29

郷愁だけでは語れない 『エムエム三太[完全版](上・下)』 小沢さとる / パンローリング社マンガショップシリーズ

Mm 飛行機から降りてくるエムエムを陰から殺し屋が狙う。エムエムは十五歳、身長一五二センチの少年だ。しかし、タラップに現れたのは長身、コート姿の青年ただ一人。この青年が実は特殊な能力をもった主人公の変身した姿だったのだ! 愛車「モンスーン」で殺し屋を追うエムエム。上空から襲いかかる敵飛行機。撃たれたはずのエムエムはすぐさま立ち上がり、小型ライト・プレーン「エムエムマシン」でなお殺し屋を追い詰める!

 連載開始からいきなりのこのスピーディな展開は、50年近く経った今も鮮やかに記憶に焼きついている。今回久しぶりに読み返し、自分の記憶が(ほとんどコマ単位で)間違っていないことに驚いたほどだ。

 1965年に少年サンデーに掲載され、のちに少年マガジンに移った『エムエム三太』は、海洋SFマンガの第一人者小沢さとるによる超能力アクション。拳銃片手の国際陰謀スパイもの(007やナポレオン・ソロが人気絶頂だったころだ)、『ミュータント・サブ』を想起させる超能力フィール、そして創意工夫のオリジナルメカが続々登場する作者ならではのSFテイスト、それら(盛り込み過ぎとさえ思われる)要素が息をもつかせぬ圧倒的なテンポで次から次へと繰り広げられていく……。

 これほどの作品がどうして長く入手困難だったのかといえば、背景にはマンガの神様による「漫画家の中で一番下手糞」という酷評があったらしい。作者はそのため旧作の復刊に消極的だったというのだ。神様はときどきほかの神様に対して我が儘でお行儀が悪いのである。

 以下、雑感。

・「エムエムマシン」は当時(あの)イマイから精緻なプラモデルが発売されており、小学生憧れの一品だった。
・エムエム自作のメカには「エムエムマシン」「モンスーン」に加えて一人乗りジェット(ロケット?)がある。手を前に、体を伸ばした姿勢で搭乗するものだ。これも「エムエムマシン」に負けず劣らず強く記憶に残っていたのだが(「通勤に1台あれば!」とか)、まさか最終回の、それもたった5コマに登場するだけだったとは。
・胸のペンが飛び出し自在な武器となる「スキップ」もかっこいい。セスナを打ち落とすシーンの躍動感!
・第二部の敵「ムウムウ教団」は静岡の田舎の村に教団本部を置き、東京の破滅を企んだ。ウルトラマンの毒ガス怪獣ケムラーが「大武山」から現れるのと似てますね。
・マンガショップシリーズは『まぼろし探偵』『月光仮面』『8マン』ほか桑田次郎作品多数、『スポーツマン金太郎』、『矢車剣之助』、『スーパージェッター』、『少年忍者部隊 月光』、『0戦はやと』など、懐かしい作品でいっぱいで棚買いの衝動にかられる。ただ、稀覯本の復刊が多いだけに、さすがに価格が……。『エムエム三太』も各巻1,800円と、マンガとしては購入に少しガッツがいる。

« 自分探しの旅、今、昔 『眺めのいい部屋』 E.M.フォースター、西崎 憲・中島朋子 訳 / ちくま文庫 | トップページ | 暗い熾火 『小沢さとる未収録短編集 トランキッド』 小沢さとる / パンローリング社マンガショップシリーズ »

コミック(作品)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/56213135

この記事へのトラックバック一覧です: 郷愁だけでは語れない 『エムエム三太[完全版](上・下)』 小沢さとる / パンローリング社マンガショップシリーズ:

« 自分探しの旅、今、昔 『眺めのいい部屋』 E.M.フォースター、西崎 憲・中島朋子 訳 / ちくま文庫 | トップページ | 暗い熾火 『小沢さとる未収録短編集 トランキッド』 小沢さとる / パンローリング社マンガショップシリーズ »