フォト
無料ブログはココログ

« 慟哭の書 『アルキヘンロズカン(上・下)』 しまたけひと / 双葉社アクションコミックス | トップページ | 背中のブランコ 『残穢』 小野不由美 / 新潮社 »

2012/09/07

これも業(カルマ)? 『くるくる自転車ライフ』 こやまけいこ / イースト・プレス

Photo 「こぎ遍路」とは、白のサイクルジャージにメット傘の弘法大師が、八十八箇所のサイクリングロードを茄子をかじりながらのりりん、のりりんと……

 あれ? なんかヨソのデータと混ざってる? 巻き戻し、巻き戻し。

 はい、今回取り上げるのは、あのムチパンダの、ぶいふぁみ君の、それから『ふしぎだいすき! マジックえほん』その他あれやこれや!のイラストレーターこやまけいこ氏による『くるくる自転車ライフ』。やー、あなたもくるくる? 私もくるくる。

 『くるくる自転車ライフ』は、ふとしたきっかけで自転車の魅力にとりつかれ、折りたたみ小径自転車「BD-1」を購入したこやま氏とそののりりんな夫君が、やがてどっぷりサイクリング・ブギ、江ノ島までの往復110kmは完走するわ(18インチの折りたたみ自転車でそんな長距離すんなり走れるとは!)、ロードレース観戦に出かけるわ、正月の山手線一周にチャレンジするわ、しらす丼は食べるわ餃子は食べるわ蕎麦は食べるわ、新しい自転車や大小いろんなガジェットは購入するわ……そんな自転車ライフをきゅきゅっと描いた4コママンガ集。

 展開や味わいこそゆるめだが、自転車へのはまり具合はギアもがっつり。引越し先の条件も一に自転車、二に自転車、三四がなくて五に自転車。一方、初心者のための細やかなナレッジやサイクリング向けファッション紹介ページ(とーとつに女子がかわゆいぞ)など、小生のごときママチャリ読者へのサービスも行き届く。そしてロードレースの魅力に目覚めたけいこは、嵐の中、必殺技ローリングパニックを手に、ツール・ド・フランス出場をかけてライバルとの決戦に……いや最後のほう違うからそれ。

 どうも自動書評ロボ「カラスマル3型」の調子が今一つのようだ。今宵はこれで失礼しよう──Queenの“Bicycle Race”が鳴り響く──さらば。ふはははは……。なに?
 「ぼくは自転車を愛する男だ とびおりるならきみだけとびおりろ!」
 ……いやそれ、萩尾望都の3月うさぎだから。

« 慟哭の書 『アルキヘンロズカン(上・下)』 しまたけひと / 双葉社アクションコミックス | トップページ | 背中のブランコ 『残穢』 小野不由美 / 新潮社 »

コミック(作品)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/55597800

この記事へのトラックバック一覧です: これも業(カルマ)? 『くるくる自転車ライフ』 こやまけいこ / イースト・プレス:

« 慟哭の書 『アルキヘンロズカン(上・下)』 しまたけひと / 双葉社アクションコミックス | トップページ | 背中のブランコ 『残穢』 小野不由美 / 新潮社 »