フォト
無料ブログはココログ

« 赤表紙 『ベイビーステップ』(22巻) 勝木 光 / 講談社コミックス | トップページ | 銭闘!100万円 『グラゼニ(6)』 原作 森高夕次、漫画 アダチケイジ / 講談社モーニングKC »

2012/07/30

先読めず 『ケサラン・パサラン』(1巻) 山岸凉子 / メディアファクトリー(MFコミックス)

Photo こうして同じ版元から長編出来、ということはつまり『舞姫(テレプシコーラ)』は本当に完結、少なくとも当分は続編が期待できないということか。いかにもにぎやかな「引き」のある第2部終幕だっただけに、ちょっと残念。

 さて、こちら『ケサラン・パサラン』だが、イラストレーター兼エッセイストの伯母が唐突に最寄り駅の徒歩4分以内に一戸建てを建てることを決意し、アシスタント兼秘書(というよりは家政婦)の姪がそれに振り回される、というストーリー。
 これは作者往年の怪作、「あやかしの館」(プチコミック、1981年6月号)のバリエーションである。「あやかしの館」はイラストレーターの伯母の建てた「洋館」に居候することになった高校生の姪があれこれ怖い思いをする、という読み切り短編で、浮世離れした伯母の招くギャグとホラーをカラリと軽く揚げた、奇妙な味が独特な作品だった。
 ただ、設定こそ似ているものの、『ケサラン・パサラン』では、伯母のイラストレーターは資産管理したり不動産屋と交渉したり、多少は世故に長けているようだし、語り手の姪も編集者の彼氏がいる女子大生、と舞台は絵柄も含めて格段に大人の世界になっている。(少なくとも今のところ)ホラーではなく「思い切って駅近に家を建てよう」学習マンガなのだ。

 タイトルの「ケサラン・パサラン」とは、江戸期以降に民間伝承に現れた白い毛玉のような謎の生物のこと。正体には諸説あり、妖怪扱いされることもある。あすなひろしの短編でも使われており、かつてブームとまではいかないものの、ちょっとした話題になっていた記憶がある。
 今回、ストーリーとケサラン・パサランがどうかかわるのかは1巻ではまだ明らかではない。今のところ、「ちょっと変わった不動産購入マンガ」の域を出ておらず、このまま淡々と「お役立ち」マンガが続くのか、それとも予想を覆す「迷走」が待っているのか。

 巻頭を読み返すと「事の起こりは今から数年前」「わたしは姪の紫苑 この時はまだM美大に通いながら」とあり、作者側には数年先の帰着点がある、らしい。しばらくは静観、お付き合いしてみるほかなさそうだ。

« 赤表紙 『ベイビーステップ』(22巻) 勝木 光 / 講談社コミックス | トップページ | 銭闘!100万円 『グラゼニ(6)』 原作 森高夕次、漫画 アダチケイジ / 講談社モーニングKC »

コミック(作品)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/55310705

この記事へのトラックバック一覧です: 先読めず 『ケサラン・パサラン』(1巻) 山岸凉子 / メディアファクトリー(MFコミックス):

« 赤表紙 『ベイビーステップ』(22巻) 勝木 光 / 講談社コミックス | トップページ | 銭闘!100万円 『グラゼニ(6)』 原作 森高夕次、漫画 アダチケイジ / 講談社モーニングKC »