フォト
無料ブログはココログ

« 昔の死体はよかった 『神がいない死体 -平成と昭和の切ない違い-』 上野正彦 / 朝日文庫 | トップページ | 原作に敬意を払った良作 『アバンチュリエ 新訳アルセーヌ・ルパン』(現在2巻まで) 森田 崇 / 講談社イブニングKC »

2012/03/12

キワモノと侮るなかれ 『歪笑小説』 東野圭吾 / 集英社文庫

Photo 功成り名遂げた売れっ子ミステリ作家が小手先で書いた──としか思えないタイトル、体裁だが、これが存外に読みでがある。

 巻頭の「伝説の男」「夢の映像化」の2編はただ出版界を揶揄する上滑りな冗談話だが、3編め、「序の口」から俄然語り口が変わってくる。若手作家や編集者への(かなり熱く、なりふりかまわぬ)エールと化すのだ。その後もあちこちに苦笑いのタネこそ仕込まれているものの、マインドは松の特上、ミステリファン、東野ファンに限らず、本好きの方なら誰でもきっと楽しめるに違いない。

 ネタばらしになるので詳しくは書けないが、「巻末広告」の3ページが素晴らしい。作者は本当にサービス精神にあふれた好人物なのだろうと思う。

« 昔の死体はよかった 『神がいない死体 -平成と昭和の切ない違い-』 上野正彦 / 朝日文庫 | トップページ | 原作に敬意を払った良作 『アバンチュリエ 新訳アルセーヌ・ルパン』(現在2巻まで) 森田 崇 / 講談社イブニングKC »

小説・詩・文芸評論」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/54200543

この記事へのトラックバック一覧です: キワモノと侮るなかれ 『歪笑小説』 東野圭吾 / 集英社文庫:

» 「歪笑小説」東野圭吾 [粋な提案]
新人編集者が目の当たりにした、常識破りのあの手この手を連発する伝説の編集者。自作のドラマ化話に舞い上がり、美人担当者に恋心を抱く、全く売れない若手作家。出版社のゴルフコンペに初参加して大物作家に...... [続きを読む]

« 昔の死体はよかった 『神がいない死体 -平成と昭和の切ない違い-』 上野正彦 / 朝日文庫 | トップページ | 原作に敬意を払った良作 『アバンチュリエ 新訳アルセーヌ・ルパン』(現在2巻まで) 森田 崇 / 講談社イブニングKC »