フォト
無料ブログはココログ

« コミック・エッセイにしかできないこと 『1年後の3.11 被災地13のオフレコ話』 ゆうみ・えこ / 笠倉出版社 | トップページ | 至福の夢、両手一杯の花束 『大島弓子全作品BOX 白・綿の国箱/緑・ミモザ箱』 グーグープロジェクト編 / 小学館プロダクション »

2012/03/31

3.11に両腕を伸ばして 『あの日からのマンガ』 しりあがり寿 / エンターブレイン ビームコミックス

Photo 同じ朝日に四コマをもちながら、夕刊で『地球防衛家のヒトビト』を連載するしりあがり寿は『ののちゃん』のいしいひさいちとは対照的な動きを示す。彼は地震、津波、原発事故を扱った四コマを直後から積極的に描き始め、コミック誌や小説雑誌でも震災と日本を扱ったシリアスな短篇を間断なく発表し続ける。また、震災から1ヶ月後の4月11日の週には、避難所訪問、清掃のボランティアやチャリティーバザーの手伝いのため、東北に向かっている。

 8月に発行されたしりあがり寿の作品集『あの日からのマンガ』のタイトルはちょっと見わかりにくいが、要は3.11以降に震災と原発事故を扱ったマンガをそのまま日付順に並べた、といったような意味である。
 その内容は『地球防衛家のヒトビト』の四コマ、震災後の日本を扱った不条理SF、津波でお腹の赤ちゃんの父親を失った若い女性の不安と決心を描いたリアルな短編(最後の1ページに表れた作者の画力には驚く)、はては哲学的対話や宗教的な祈りとしかいいようのない作品まで多岐に渡る。

 昨年4月の段階で、原子力発電を捨てたこの国の家屋が貧しいバラックになってしまうサマを描いた「海辺の村」の先見性や批評精神を評価することもできるが、ここでは巻末に掲載された「そらとみず」を推したい。巨大なハスの花から子供たちが現れ、水底のガレキからぷくぷくと母親や老人たちが浮上して昇天する。センチメンタルに過ぎると斜評するのは簡単だが、最初の7ページ、静かに描かれたガレキの山は、その時期に現場を訪れた者にしか描けないものだ。

« コミック・エッセイにしかできないこと 『1年後の3.11 被災地13のオフレコ話』 ゆうみ・えこ / 笠倉出版社 | トップページ | 至福の夢、両手一杯の花束 『大島弓子全作品BOX 白・綿の国箱/緑・ミモザ箱』 グーグープロジェクト編 / 小学館プロダクション »

コミック(作品)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/54359138

この記事へのトラックバック一覧です: 3.11に両腕を伸ばして 『あの日からのマンガ』 しりあがり寿 / エンターブレイン ビームコミックス:

« コミック・エッセイにしかできないこと 『1年後の3.11 被災地13のオフレコ話』 ゆうみ・えこ / 笠倉出版社 | トップページ | 至福の夢、両手一杯の花束 『大島弓子全作品BOX 白・綿の国箱/緑・ミモザ箱』 グーグープロジェクト編 / 小学館プロダクション »