フォト
無料ブログはココログ

« GO!GO!正日君 | トップページ | 輪になって壊れりゃ怖くない 『ふたり狂い』 真梨幸子 / ハヤカワ文庫 »

2011/12/27

クマにしてやったことを、私にも 『アミダサマ』 沼田まほかる / 新潮文庫

Photo 近頃巷に流行るもの、“ネガティブ・エンタ”をいくつか。

 『アミダサマ』は、今年『九月が永遠に続けば』や『彼女がその名を知らない鳥たち』でブレークした沼田まほかるの文庫新刊。
 産廃処理場の冷蔵庫から発見された幼女、その周辺で凶事が相次ぎ……という本作は日本では珍しいゾンビ小説で──と書いてしまうとネタばれになってしまうが、その程度では、この、先の読めない作品はびくともすまい。それより前作『猫鳴り』であれほど崇高に描き上げた猫の死を、今度は惜し気もなくこの扱いかよ、沼田こえー。
 ただ、女の臓腑を切り出して晒したような他の作品に比べると、『アミダサマ』はやや引き出し多すぎ。怖いのは人なのか超常的な存在なのか、この作家にしては思い切りが悪い。その分☆1つ減らして、ってここはAmazonではありませんでしたね。

 ところで、沼田まほかるや『殺人鬼フジコの衝動』の真梨幸子が売れたことに、不況のせいだの、震災の影響だの、あれこれ理屈を唱える方もおられるようだが、そもそも世間が腐臭に群がるのはテレビのワイドショー見ても明らか。女流作家のヒット作にしても、たとえば湊かなえ『告白』、少し前なら桐野夏生『OUT』、グロテスクなものは人を引き寄せるのです。

« GO!GO!正日君 | トップページ | 輪になって壊れりゃ怖くない 『ふたり狂い』 真梨幸子 / ハヤカワ文庫 »

ホラー・怪奇・ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/53579392

この記事へのトラックバック一覧です: クマにしてやったことを、私にも 『アミダサマ』 沼田まほかる / 新潮文庫:

« GO!GO!正日君 | トップページ | 輪になって壊れりゃ怖くない 『ふたり狂い』 真梨幸子 / ハヤカワ文庫 »