フォト
無料ブログはココログ

« 妙手一閃! 『王狩』(3巻) 青木幸子 / 講談社イブニングKC | トップページ | 地獄の沙汰もピーチ・マキ 『鬼灯の冷徹』(現在参巻まで) 江口夏実 / 講談社モーニングKC »

2011/11/30

銘茶一煎! 『茶柱倶楽部』(2巻) 青木幸子 / 芳文社コミックス

Photo かたや『茶柱倶楽部』は1年を経て2巻め。
 作者は同じだが、緊張と攻撃を旨とする『王狩』に対し、こちらはくつろぎ、リラックス、慈愛がテーマ。

 静岡の老舗茶屋の娘、伊井田鈴は日本茶に対する知識と情熱に秀で、煎茶の技量も優れている。とはいえ、普段は才能や熱意を剥き出しにせず、片栗粉でとろみをつけたようなまろい味わい。お茶のこと以外ではいささかぼんやり者で、恋人より娘にもちたいタイプ。
 その鈴が、たまたま出会った老婦人から手渡された茶の味を忘れられず、宝くじで得た日本茶専門カフェトラックを駆って全国お茶の旅に出る……というお話が第1巻。ところがこの種の設定にしては珍しく、1巻の終わりには尋ね人と巡り会い、お茶の正体も知れてしまう。
 旅を終えて実家でだらける主人公、だがそこに新しい出会いが、というのが第2巻巻頭。まあ、あまり全体の構図を気にするような作品ではない。1話完結のお茶話を次々愉しみつつ、各篇で紹介される全国のお茶の色や香りを思い描く。気が向けば掲載のサイトで注文してみるもよいだろう。
 個人的には、親しい者の嫁ぎ先が「すごい山奥」と紹介されていたのに苦笑い。本当に山奥らしいだけに。

 一点、日本茶の煎れ方に、表紙にあるように顔より高い位置から湯を落とすやり方があるとは知らなかった。作中、2篇に登場して、そのシーンの登場人物ならずとも「えっ…何アレ?」「スゴイ!」と鈴のカッコよさに打たれるのだが、ワインならともかく熱い湯が跳ねないかちょっと心配(それを見事に煎れてみせるのがテクニックなのだろうが)。

« 妙手一閃! 『王狩』(3巻) 青木幸子 / 講談社イブニングKC | トップページ | 地獄の沙汰もピーチ・マキ 『鬼灯の冷徹』(現在参巻まで) 江口夏実 / 講談社モーニングKC »

コミック(作品)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/53368125

この記事へのトラックバック一覧です: 銘茶一煎! 『茶柱倶楽部』(2巻) 青木幸子 / 芳文社コミックス:

« 妙手一閃! 『王狩』(3巻) 青木幸子 / 講談社イブニングKC | トップページ | 地獄の沙汰もピーチ・マキ 『鬼灯の冷徹』(現在参巻まで) 江口夏実 / 講談社モーニングKC »