フォト
無料ブログはココログ

« 「実録」と銘打つ甘さ・辛さ 『百物語 第十夜 実録怪談集』 平谷美樹・岡本美月、『怖い本<9>』 平山夢明 / いずれもハルキ・ホラー文庫 | トップページ | 『黒塗怪談 笑う裂傷女』 黒 史郎 / 竹書房文庫 »

2011/08/31

『怪談実話 無惨百物語 ゆるさない』 黒木あるじ / メディアファクトリー MF文庫ダ・ヴィンチ

Photo_2 秋口に差し掛かって発売されたものだが、これも「実話」をうたう怪談集の一つ。
 実録怪談系の文庫としては相当厚手だが、紙の斤量のせいなのか、実はさほどでもない343ページ。それで百話掲載(九十九話ではない)を敢行しているのだから、一話一話はごく短く、1ページに満たないものも少なくない。
 最初のうちはその短さが仇となって「こんなものか」感が続く。怪談、心霊体験談より、小さく捏ね上げたワンアイデアストーリー、下手するとO・ヘンリーばりの人情噺と見まがう小品まで並んでいる。少なくとも神経がひりひりちぎれそうな怖さは得られない。
 中盤までには少し長めの作品も用意されるが、それで数ページ、いずれもやはりそう怖いものではない。

 ──などと思っているうちに、いつの間にか部屋の空気が沈み、家のあちこちから音が聞こえる。心霊現象というわけではない。冷蔵庫で氷が落ちる音、風呂場でモップが倒れる音、雨が外壁を打つ音。つまりは読み始めた時分に比べるとこちらが過敏、臆病になっているようだ。

 さほど怖くない話でも、数読むうちにだんだん雰囲気に浸ってしまうため、かと思う。
 だが一方、もしやという気もしないでもない。つまり、百話も集めてくるうちには、いくつか「本物」を拾ってきてしまうことだってあるかもしれない……そういうことだ。そう考えると、思い当たるふしもある──あれと、あれが、怪しいといえば怪しい。

 人が人に怨みを残す「幽霊」は、実はまだいい。「神様」と称されるモノのほうが、怖い。
 幽霊は相手を見るが神は相手なぞ気にかけない。「祟り」にはそもそも「精密なコントロール」などという概念はないのだ。

 とはいえ、読み終えてしまえば部屋の温度も元どおり。ぱらぱらとめくり返してみれば、怖い話より震災に起因する「第九十六話 鼻歌」が心に残る。これに限れば怪奇的要素などなくともよかったのではないか。

« 「実録」と銘打つ甘さ・辛さ 『百物語 第十夜 実録怪談集』 平谷美樹・岡本美月、『怖い本<9>』 平山夢明 / いずれもハルキ・ホラー文庫 | トップページ | 『黒塗怪談 笑う裂傷女』 黒 史郎 / 竹書房文庫 »

ホラー・怪奇・ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/52609564

この記事へのトラックバック一覧です: 『怪談実話 無惨百物語 ゆるさない』 黒木あるじ / メディアファクトリー MF文庫ダ・ヴィンチ:

« 「実録」と銘打つ甘さ・辛さ 『百物語 第十夜 実録怪談集』 平谷美樹・岡本美月、『怖い本<9>』 平山夢明 / いずれもハルキ・ホラー文庫 | トップページ | 『黒塗怪談 笑う裂傷女』 黒 史郎 / 竹書房文庫 »