フォト
無料ブログはココログ

« 饒舌なバルンガ 『空の中』 有川 浩 / 角川文庫 | トップページ | 年棒1800万ってのは全然ダメなんです! 『グラゼニ(1)』 原作 森高夕次、漫画 アダチケイジ / 講談社モーニングKC »

2011/05/27

カタンコトンドキン 『阪急電車』 有川 浩 / 幻冬舎文庫

Photo  水曜日、25日は「図書館シリーズ」の文庫、3冊め、『図書館危機』の発売日だった。朝、出がけに駅の書店で買い求めたときは、文庫新刊コーナーでひときわうず高い平積み二段。それが、仕事上がりの帰り道に寄ってみると全部売り切れ。ちょいと「のだめ」様相を呈してきた感あり。数日前の新聞では最新長編『県庁おもてなし課』が好感をもって取り上げられていたし、長尺、量産のきくスターの誕生となると、苦戦の続く出版界には吉報だろう。

 『阪急電車』は、阪急今津線というローカル線を宝塚駅から西宮北口駅、そこで折り返してまた宝塚駅に戻る、その片道ほんの15分の線路にそって、駅の数だけショートストーリーを重ねた花束のような連作短編集。登場人物たちは、電車で出会い、すれ違い、別れ、あるいはまた出会う。キャラがかぶろうが、多少無理スジだろうが、ともかく進めることを優先したような展開ぶりが楽しい。悲しい恋、痛みの伴う話もあるのだが、あっという間に過去に流れていく。

 この電車の車内では、「図書館シリーズ」のように厳しい心理戦が待ち受けているわけではない。『空の中』『海の底』のように怪獣が暴れまくるわけでもない。どの町を走るどの電車でも見られそうな、平凡なすれ違いの中の甘い姿、苦い姿。けれど、気がつけば訳ありの白いドレスや、孫に厳しい祖母など、ここでも作者は闘う女をより美しく描いている。いじめにあう小学生さえ、背すじを伸ばしたきりりとした姿で描かれる。作者の筆遣いはライトだが、炉の燃料は軽くない。大切なものを大切に守れる心こそ大切、言葉にしてしまうとミモフタモナイが、それを好もしく読ませる作者が巧いのである。
 それにしても、こんなふうにまっすぐ戦う女たちを凌駕して「よくやったと」頭をぽんぽん叩けるくらいじゃないといけないのだから、有川作品に登場する男性陣は大変だ。

 なお、『阪急電車』は映画化されて公開中(らしい)。映画『阪急電車』の出来不出来は知らないが、本書をすんなり楽しみたい方は、映画のキャストは知らないほうがよい。……と思うのだけれど、どうだろう。

« 饒舌なバルンガ 『空の中』 有川 浩 / 角川文庫 | トップページ | 年棒1800万ってのは全然ダメなんです! 『グラゼニ(1)』 原作 森高夕次、漫画 アダチケイジ / 講談社モーニングKC »

小説・詩・文芸評論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/51778525

この記事へのトラックバック一覧です: カタンコトンドキン 『阪急電車』 有川 浩 / 幻冬舎文庫:

« 饒舌なバルンガ 『空の中』 有川 浩 / 角川文庫 | トップページ | 年棒1800万ってのは全然ダメなんです! 『グラゼニ(1)』 原作 森高夕次、漫画 アダチケイジ / 講談社モーニングKC »