フォト
無料ブログはココログ

« 圧殺者 小林秀雄 | トップページ | 力だけでは足りない 『鉄腕バーディー』(全20巻) ゆうきまさみ / ヤングサンデーコミックス »

2011/02/28

終わって残念 『舞姫(テレプシコーラ) <5> 第2部完結』 山岸凉子 / メディアファクトリー(MFコミックス)

Photo  『舞姫(テレプシコーラ)』は連載10年、第1部、2部合わせて15巻、気がつけば山岸凉子の最も長い作品となった。

 背景の描き込みにこだわらず、人物の表情とバレエのポーズに注力する闊達なペンタッチは、マンガが持ち得る自在な表現力を過不足なく示している。
 最終巻は200ページのうち半分をハッピーエンドに費やすというこれでどうだ、これでもかの構成、何度読み返しても細かくはらはらさせたあげくゆったり幸せな気分に押し上げる手腕には感嘆するほかない。

 ところで、この作品の第1部には、2つの大きな悲劇が刻まれていた。一つは主人公六花(ゆき)の小学時代の同級生、空美(くみ)の貧困ゆえの悲劇、もう1つは六花の姉、千花の死だ。第2部は、登場人物それぞれの悲劇からの「再生」の物語であるようにも見える。しかし、山岸凉子は『アラベスク』以来、ずっと、そうした単純な構成には与しない。
 再生もまた人生の諸相の1つにすぎず、今日の幸福が永続するとは限らない。山岸凉子の長編は、滔々と流れる大河の一部を切り出したようなものなのだ。
 作者はたとえばローラ・チャンの謎を解き明かさない。読み手は自分に都合のよいさらなるハッピーエンドを期待するが(ローラが六花を慕い、さらにはコリオグラファーとしての才能に注目して追ってきた、など)、はたしてそうか。娘の1人をバレエのために失った両親にとって物語はここで幸福に終われるものなのか。などなど。
 いずれにせよ、作品は我々の目線から閉ざされてしまった。あとは六花がローラが生きていくだけである。

 雑記。
 ローザンヌ国際バレエコンクールは、毎年連休の頃にNHK教育で放送されることで知られている。不思議とこの番組は見逃さない。とくに何年か前までゲスト解説されていた女性の、鉈で割るような解説は聞きものだった。「この子巧いな」と目を引く少女の技術が「ステップが甘い」「選曲のミス」とざくざく斬り刻まれる。「ちょっと退屈」レベルの出場者にいたっては「十年早い」扱い。しかし厳しい分、何が足りない、何が失敗という情報をきちんと指し示してくれるので、誰も彼もほめて終わる昨今の解説者より格段に確かな手応えがあった。どなたか存じ上げないが、再登板を願ってやまない。

 もう一つ。
 最終巻に、1989年のローザンヌで振付奨励賞を受賞した田中祐子の舞踊の一コマがある。もしかするとこの受賞こそ『舞姫(テレプシコーラ)』の真珠母だったかとも思われる。それはともかく、どのような作品なのかWebで検索してみた。YouTubeにあっさり当時の映像が見つかる。驚いた時代である。
 さらに驚いたことに、その映像を見ていると、山岸凉子のコマに「あ、ここか」と声の出るほどあてはまる一瞬がある。ざっくりいかにもありそうなバレエのポーズに見えて、実はその振付の奔放さのよく表れた場面の1つだということもわかってくる。マンガ家の目と表現力ときたらたいしたものだと再確認した次第。

 さらに一つ。
 六花がコリオグラファー(振付師)として才能を認められるきっかけとなった作品「引きこもり」。これは六花が小さな箱に入ってさまざまなポーズをとるというものだが、現在放映中の明治キシリッシュのCM、木村カエラが箱に入ってコメントする、あれは、スタッフの誰かが六花のポーズに(パクリとは言わないまでも)ヒントを得たのではなかったか。CMのメイキングを見ると箱の大きさといい、厚みといいそっくりだ。

« 圧殺者 小林秀雄 | トップページ | 力だけでは足りない 『鉄腕バーディー』(全20巻) ゆうきまさみ / ヤングサンデーコミックス »

コミック(作品)」カテゴリの記事

コメント

残念ながらお名前は意識していなかったのでわかりません。ともかくテレビではまれな手厳しさで、家人とともにおおいにウケていた次第です、、

こんなに時間たっておりますが・・・クロード・ベッシーのことでしょうか・・・ローザンヌで辛口コメントをしていた女性とは・・・。 シルビィ・ギエムが体操のために練習に来たところを、その才能に気付いて無理やりバレエに引きずり込んだことで有名なオペラ座の方のことだと思います。 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/50991487

この記事へのトラックバック一覧です: 終わって残念 『舞姫(テレプシコーラ) <5> 第2部完結』 山岸凉子 / メディアファクトリー(MFコミックス):

» 山岸凉子 『舞姫 テレプシコーラ』第2部5巻 [身近な一歩が社会を変える♪]
不覚でした。 全国のバレエファンを魅了し、手塚治虫文化賞まで受賞した傑作『テレプシコーラ』の完結巻が発売されていることを、発売日から2ヵ月経つまで気づかなかったとは! 慌てて買った完結巻。出遅れたけど、すんごく楽しめました。 ◎第1部のあらすじ(全10巻) バレエ教室に通う六花(ゆき)ちゃんは、踊り手としてのテクニックは今ひとつだけど、コリオグラファー(振付師)としての才能の片鱗を見せている。(本当はもっといろいろ事件があるんですが、未読の方のため割愛。) ... [続きを読む]

« 圧殺者 小林秀雄 | トップページ | 力だけでは足りない 『鉄腕バーディー』(全20巻) ゆうきまさみ / ヤングサンデーコミックス »