フォト
無料ブログはココログ

« 最後は楽天的なアリア 『のだめカンタービレ(25)』 二ノ宮知子 / 講談社 KC Kiss | トップページ | 『書き下ろし日本SFコレクション NOVA3』(河出文庫)より、「ろーどそうるず」(小川一水) »

2010/12/25

続・絶望の深さ 『トラウマイスタ』(全5巻) 中山敦支 / 小学館少年サンデーコミックス

Photo_2  絶望の深さがただごとでない、といえば、紹介しておきたい作品があった。

 出自が楽天的なのか、マンガやアニメの世界では、さまざまな窮地こそ描かれるものの、読み手や視聴者がそのまま「もうダメだー」という気分まで引き落とされるようなことはめったにない。主要な登場人物が軒並み死んでしまうような作品でも、必ずしも真っ黒な気分に陥るとは限らないのだ。

 中山敦支『トラウマイスタ』はその絶望感の甚だしさにおいて、もう少し語られてよい。

 少年サンデー誌上では、近年、『金色のガッシュ!!』『うえきの法則』『烈火の炎』など、主人公が特殊な能力をもって敵と戦い、成長する、そんなヒット作が少なくない。というか、そんなのばっかり。登場人物たちの能力は彼らに従うキャラクターの形をもって現れ、ある能力にはこれこれの条件を満たせば逆転できるといったパズル色が強い。要はジョジョや幽遊白書、あの路線ですね。

 『トラウマイスタ』もそういった柳の下作品の1つで、2008年夏より約1年間にわたって掲載された。いかんせん、デフォルメが極端すぎてコマが読みづらい、戦闘時のパズル性がほとんどない、登場人物名や能力の設定等に中途半端に美術、宗教用語等を用いてとっつきが悪い、等々、素人目にも明らかな難点が目立ってヒットにはいたらなかった。

 しかし、第4巻後半の(掲載時、思わず「あっ」と声の漏れた)悲劇から最終巻半ばにいたる展開は、そんな理屈を凌駕して、ただもうざざざと血が引くような思いを誘う。キツい。悲しい。

 全体に、もう少し巧く描かれていたなら、という欲求は残る。……しかし、もし巧みに描かれたなら間違いなくこの血走った目、虚ろな暴走はなかった。青春みたいなものだ。ほかにどうしようもない。
 『トラウマイスタ』はこのようにしか描けなかった、傑出した素晴らしい失敗作なのである。

« 最後は楽天的なアリア 『のだめカンタービレ(25)』 二ノ宮知子 / 講談社 KC Kiss | トップページ | 『書き下ろし日本SFコレクション NOVA3』(河出文庫)より、「ろーどそうるず」(小川一水) »

コミック(作品)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/50391143

この記事へのトラックバック一覧です: 続・絶望の深さ 『トラウマイスタ』(全5巻) 中山敦支 / 小学館少年サンデーコミックス:

« 最後は楽天的なアリア 『のだめカンタービレ(25)』 二ノ宮知子 / 講談社 KC Kiss | トップページ | 『書き下ろし日本SFコレクション NOVA3』(河出文庫)より、「ろーどそうるず」(小川一水) »