フォト
無料ブログはココログ

« 絶望の深さ 『進撃の巨人』(現在3巻まで) 諌山 創 / 講談社コミックス | トップページ | 続・絶望の深さ 『トラウマイスタ』(全5巻) 中山敦支 / 小学館少年サンデーコミックス »

2010/12/20

最後は楽天的なアリア 『のだめカンタービレ(25)』 二ノ宮知子 / 講談社 KC Kiss

Photo  懐かしいR☆Sキャラに新キャラも加わって「アンコール オペラ編」がしばらく続くのかと期待していたら、あっという間の2巻でおしまい。
 楽しい宴も終演のブザーがなり、観客は名残を惜しみつつ立ち上がる。

 ………………

 ↑の「……」のところは、いろんなことを書いては消し、書いては消して、紙が破れてしまった。

 のだめと真一については、本編の最終回(23巻)が今ひとつ「決め!」きれなかったのを、アンコールで少しご褒美をあげたようなあんばい。よかったね。
 巻末の描き下ろし読み切りの主人公はターニャで、前巻の紹介の折

> もはやはらはらする必要のない千秋やのだめに比べて、気がかりなのはもう娘のようなターニャの行く末。

と書いたのだけれど、作者も同じような気持ちだったのかしら。

 『のだめカンタービレ』の登場人物たちは誰も彼も、なぜだかほかのマンガや小説に比べて実在の知人、友人のように思えてしまう傾向が強い。どうして、なんてことはここでは考えず、作品という窓が閉じてもその向こうでみんな幸多かれと祈ってこの項もおしまい。

« 絶望の深さ 『進撃の巨人』(現在3巻まで) 諌山 創 / 講談社コミックス | トップページ | 続・絶望の深さ 『トラウマイスタ』(全5巻) 中山敦支 / 小学館少年サンデーコミックス »

のだめカンタービレ」カテゴリの記事

コミック(作品)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/50348370

この記事へのトラックバック一覧です: 最後は楽天的なアリア 『のだめカンタービレ(25)』 二ノ宮知子 / 講談社 KC Kiss:

« 絶望の深さ 『進撃の巨人』(現在3巻まで) 諌山 創 / 講談社コミックス | トップページ | 続・絶望の深さ 『トラウマイスタ』(全5巻) 中山敦支 / 小学館少年サンデーコミックス »