フォト
無料ブログはココログ

« そうまでして君は 『小惑星探査機 はやぶさの大冒険』 山根一眞 / マガジンハウス | トップページ | 大人未満 『にこたま』(現在2巻まで) 渡辺ペコ / モーニングKC »

2010/09/24

そこまでして君は 『テレビ局の裏側』 中川勇樹 / 新潮新書

Photo 【この殺人事件、昨日の数字パッとしないし展開ないから、続報はもうやめよう。】

 著者は現役のフリーディレクター。

 「CM↓ 番組制作費↓ 視聴率↓ 崩壊する巨大メディアの内幕」と、なかなかに仰々しい煽りが帯に踊っているが、要するにいまや民放の地上波は、本屋のレジわきに積まれたお持ち帰り自由の通販カタログ、あれに近いものなんですよ、と、そういうことだ。
 本書のどこにそんなことが書かれているのか!とミケンにシワ寄せて詰め寄られても困るが、まあどのページを開いても、だいたいそういうことになっているのである。

 本書では情報番組の捏造事件だとか(あるある)、決定的瞬間はつくりものであるとか(はいはい)、あれやこれやの視聴率取得のためのテクニックとかスポンサーへの配慮とか(もう、ねえ)、テレビを苦境に追い詰めた様々な制約が現場の視点から取り上げられている。
 だが、実のところ、テレビ番組の何が問題かといえば、視聴率を最重視していながら視聴者を、スポンサーの意向を最優先しておきながらCMを、それぞれ軽んじていることではないか。そのくせ番組の品質や報道の自由を謳うというのは、抜本的に欺瞞である。大切なものを一生懸命考え、こしらえる「仕事」の構図ではない。
(そう考えつつ見ると、局の思惑と番組の目的が合致したテレビショッピング番組の思い切りのよさは実にわかりやすい。ただ、そういうものをこしらえるためにあなたはテレビマンになったのですか?とつぶらな瞳で聞いてみたい欲求にもかられるが)

 そしてもう1つ。テレビ番組では、ほんの数分の放送にも大量の設備や機材、多数のスタッフの稼働が必要である。つまり、一人の天才の登場によって状況が画期的に覆る……そういうことがまず期待できない。これも構造的な問題だ。

 本書の「おわりに」の章で、著者は「あえて」と断ったうえで「テレビ番組制作は面白くやりがいのある仕事だ」と主張する。しかし、残念なことに、その著者の語る「面白い」「ベストのもの」が、所詮、視聴率の取れる番組、といった程度にしか読めない。これが現場の限界なのかという気もする。
 困ったことに、広告費が激減しているとはいえ、テレビCMの訴求力はいまだべらぼうで、個々の図体の小さな産業(たとえばレコード業界)のように古い販売形態を次々と脱ぎ捨てるようなマネもできそうにない。
 これからしばらく、テレビ局は、自身が製作するコンテンツより、本体の行く末のほうがよほど見ものとなりそうだ。本書のどこかにそう書いているわけではないが、そういうことなのである。

« そうまでして君は 『小惑星探査機 はやぶさの大冒険』 山根一眞 / マガジンハウス | トップページ | 大人未満 『にこたま』(現在2巻まで) 渡辺ペコ / モーニングKC »

テレビ・新聞・雑誌・出版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« そうまでして君は 『小惑星探査機 はやぶさの大冒険』 山根一眞 / マガジンハウス | トップページ | 大人未満 『にこたま』(現在2巻まで) 渡辺ペコ / モーニングKC »